映画-Movie Walker > 作品を探す > 百円の恋

予告編動画を見る 百円の恋の画像

故・松田優作氏の出身地である山口・周南映画祭に新設された第1回松田優作賞グランプリ脚本を「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督が映画化。不器用でどん底の生活を送っていた32歳の女が、中年ボクサーと出会い、ボクシングを通して変化していく姿を描く。出演は「かぞくのくに」の安藤サクラ、「アウトレイジ ビヨンド」の新井浩文、「ハラがコレなんで」の稲川実代子。第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 63
レビュー 15
投票 48
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (29)
星4つ 79% (23)
星3つ 37% (11)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていたが、ある日、離婚した妹の二三子が子連れで戻ってくる。しかたなく同居をする一子だったが折り合いが悪くなり、家を出て一人暮らしを始めることに。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありついた一子の唯一の楽しみは、帰り道にあるボクシングジムで一人ストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することであった。百円ショップの店員たちは皆心に問題を抱え、そこは底辺の人間たちの巣窟のような場所だった。そんなある夜、狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに二人はお互いの距離を縮めていき、なんとなく一緒に住み始め、体を重ねる一子と狩野。だが、そんなささやかな幸せの日々は長くは続かなかった。どうしてもうまくいかない日々の中、一子は衝動的にボクシングを始める。やがて、一子の中で何かが変わりだし、人生のリターンマッチのゴングが鳴り響こうとしていた……。

見たい映画に
登録した人
77

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
上映時間 113
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 武正晴
製作 間宮登良松
プロデューサー 佐藤現平体雄二狩野善則
監修 黒澤満
脚本 足立紳
企画 黒澤満
撮影 西村博光
衣裳デザイン 宮本まさ江
音楽 海田庄吾
音楽プロデューサー 津島玄一
主題歌 クリープハイプ
美術 将多
編集 洲崎千恵子
録音 古谷正志
エグゼクティブプロデューサー 加藤和夫
助監督 山田一洋
照明 常谷良男
メイク 金森恵
製作担当 大川伸介

レビュー

最優秀主演女優賞は、貴女しかいません!

投稿者:あらりん

(投稿日:2016/04/10)

安藤サクラさん、貴女しかいません! 実年齢28歳という…

[続きを読む]

支持者:1人

女優魂

投稿者:KI-ki

(投稿日:2016/04/05)

安藤サクラさんの舞台挨拶があったので、5度目の鑑賞。 空気…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 百円の恋

ムービーウォーカー 上へ戻る