タチャ 神の手|MOVIE WALKER PRESS
MENU

タチャ 神の手

2015年1月23日公開,147分
PG12
  • 上映館を探す

K-POPグループ“BIGBANG”のメンバーで、「戦火の中へ」「同窓生」など俳優としても活躍するT.O.Pの主演作。「サニー 永遠の仲間たち」のカン・ヒョンチョル監督が、“タチャ”と呼ばれる賭博のいかさま師たちの世界を映し出す。共演は「リターン・トゥ・ベース」のシン・セギョン、「悪いやつら」のクァク・ドウォン、「生き残るための3つの取引」のユ・ヘジン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

叔父ゴニに似て幼い頃から巧みな手さばきと天性の勝負強さを見せていたテギル(T.O.P)は、初恋相手のミナ(シン・セギョン)に別れを告げ、故郷を離れソウルの賭博場(ハウス)で“タチャ(いかさま師)”として名を馳せていた。しかしある日訪れた賭博場でミナに再会、気の緩みから大負けを喫し、多額の借金とともに全てを失ってしまう。そんな中、偶然にもゴニのパートナーであったグァンリョル(ユ・ヘジン)と出会ったテギルは彼に師事、タチャとして再起を図るのだった。手さばきだけでなく、人の心を読むことを教える師匠の下で着々と実力をつけていくテギル。やがて彼は、ギリギリで残酷な賭けを楽しむ伝説のタチャ、アグィ(キム・ユンソク)、さらにはミナを人質にとる凶悪な闇金業者ドンシク(クァク・ドウォン)らとの命を賭けた真剣勝負に挑んでいく……。

作品データ

原題
타짜 신의 손
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
韓国
配給
エイベックス・ピクチャーズ
上映時間
147分

[c]2014 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • ごっとん

    4
    2015/2/12

    花札をやらないので、ルールがわからず、ゲームの時には???な感じでした。でも、裏稼業は、はまればはまる程抜けられなくなるのが良くわかるストーリーでしたね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 門倉カド

    4
    2015/1/27

    【賛否両論チェック】
    賛:相手の裏をかいていく登場人物達の行動や、予想外の裏切りの連続に、ハラハラドキドキさせられる。上映時間の長さを感じさせない。
    否:展開は結構ご都合主義。花札を知らないと、やや感情移入しにくいかも。グロシーンも多数あり。

    上映時間は2時間半と長めですが、それを感じさせないくらい、ハラハラドキドキの連続です。花札と同様に、ストーリーも一瞬で形成が逆転したり、思いもよらない裏切りがあったりと、スリリングな展開が繰り広げられます。

    難点としては、やはり“花札賭博”がメインなので、花札のルールをしらないとやや退屈なところでしょうか。それでも、最悪ルールを知らなくても・・・なんとか問題ないように、優しく作ってくれてはいます(笑)。グロシーンは結構多くて、手を切り落とされたり、肉片が飛び散ったりする描写がありますので、ご注意を。

    いつも危ないところで助けが入ったりなど、ご都合主義感は満載ですが、満身創痍になっていく主人公が困難にどう立ち向かっていくのか、T.O.Pのファンのみならずとも要注目です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告