映画-Movie Walker > 作品を探す > 過ぐる日のやまねこ

長野県上田市を舞台に、かけがえのない人を失った男女の出会いと、二人を取り巻く死の真実を描くヒューマンドラマ。二作目「はつ恋」が第32回バンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー賞にノミネートされた新鋭・鶴岡慧子による初の劇場公開監督作品。出演は、「共喰い」の木下美咲、ドラマ『マッサン』の泉澤祐希

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある夏の夜、ガールズバーをクビになった21歳の枝波時子(木下美咲)は、行くあてもなく東京の街をさまよい、ふと長野行きの深夜バスに乗り込む。向かった先は、8歳まで父と過ごした山のふもとの小さな田舎町。しかし彼女は、当時のことはあまりよく覚えていない。ある朝、絵描きの父は「山猫を探しに行くよ」と言って時子を連れて山奥に分け入り、そのまま帰らぬ人となった。その町に生まれ育った高校二年生で、絵を描くことが好きな加野陽平(泉澤祐希)は、材木店を営む父の正一(田中隆三)と二人で暮らしている。最近、材木店の従業員で、陽平が兄のように慕っていた和茂(植木祥平)が、山の中で死体となって発見された。それ以来、陽平は学校に行かず、和茂が生前に連れて行ってくれた森の中の古い山小屋で、絵を描くようになっていた。かつて住んでいた山小屋を訪れた時子は、陽平と出会う。時子は一目でよそ者とわかる格好をし、手に怪我を負い、無一文だった。陽平はそんな時子に着替えや食べ物を与える。互いが抱える喪失感や孤独を感じ取った二人は、穏やかな一時を過ごす。そのころ、町では時子が怪しい女として噂になっていた。和茂の死後、心を閉ざしがちな陽平を心配する幼馴染のアキホ(中川真桜)も、陽平と時子の姿を見かけて不安を感じる。アキホから二人の様子を聞いた正一は、かつて消防団の一員として、時子と父親が崖の下で倒れているのを発見したときのことを思い出す。時子も記憶を取り戻りつつあった。山猫の幻に導かれるように、時子と陽平は山の奥へと進んでいく。夕方、崖の上で陽平は時子に和茂の面影を重ねる。二人は、山小屋が壊される音で現実に引き戻される。山小屋に駆けつけた二人は、燃え盛る炎の傍にいる正一を見つける。正一は二人に「もう忘れていい。忘れることを怖がっちゃダメだ」と言う。森の闇の中で、二つの眼が光る……。

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 マジックアワー
上映時間 92
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鶴岡慧子
プロデューサー 天野真弓
脚本 鶴岡慧子
撮影 小川努
音楽 中野弘基
美術 岡田匡未
編集 普嶋信一
録音 中野弘基
助監督 栗本慎介
照明 跡地淳太朗
制作担当 和気俊之

キャスト

枝波時子 木下美咲
加野洋平 泉澤祐希
和茂 植木祥平
アキホ 中川真桜
田中要次
西尾まり
正一 田中隆三

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 過ぐる日のやまねこ