バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2015年4月10日公開,120分
PG12
  • 上映館を探す

『バットマン』シリーズで主人公を演じたマイケル・キートンが、かつてヒーロー映画で人気を博した俳優に扮し、再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む姿を描くブラック・コメディ。人間ドラマに定評のあるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が『ゼロ・グラビティ』で撮影を担当したエマニュエル・ルベツキを迎え、ほぼワンカットの映像で見せる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」で人気を博したリーガンは復活をかけてブロードウェイの舞台に挑戦。レイモンド・カーヴァーの短編を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には彼のすべてが注ぎこまれていた。だが、プレビュー前にケガで降板した俳優の代役で迎えたブロードウェイの実力派マイクがリーガンの脅威となっていく。

作品データ

原題
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
120分

[c]2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.6
  • お水汲み当番

    5
    2020/7/19

    映画なのに全編がほぼワンカットだって、どういうことなんだろう。
    ……と、前宣伝を見て思っていたのですが、その宣伝文句に負けない、凄いカメラワークを楽しむための映画でした。

    撮影が「ゼロ・グラビティー」のカメラ担当だと知って、なるほどねと思ったものです。

    ハンドカメラだけで撮影されているのに、まったく手振れしないというのは、偉大な技術の進歩のおかげでしょう。

    観客は、おいおい鏡にカメラが映っちゃうよ、などと、まるで撮影スタッフの一員になったかのようなスリルまで味わうことができます。

    ブロードウェイの狭い劇場の裏側を、観客は演劇のスタッフのような視点から参加し、まるで劇場の裏話を舞台にしたテーマパークみたいです。

    こういうカメラワークが成立する時代になったのだ、と、感慨を味わいました。

    前作の「まわりに何もない虚無なる大宇宙」を描いたカメラマンの次作が、この狭っ苦しい舞台裏だったという一見意外な点も、しかしこれこそ正常進化なんだよなぁと納得できる、そういう映画でした。

    そんな凄いカメラワークを、ぜひとも楽しんで欲しいと思います。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • フジ三太郎

    3
    2020/3/8

    アメリカのコメディ映画で笑える物は少ない。本作もそう。ウッディ・アレン風な筋と、エスパーな主人公の組み合わせで冒頭は笑えるが、奇妙な共演者役のエドワード・ノートンが出なくなった中盤以降が退屈。ノートンがナオミ・ワッツ相手に舞台で○番を強要する場面は大笑いだったが、基本、「オール・ザット・ジャズ」なんで、主人公の苦悩を体感できないと面白くない。
    この映画ではじめて主人公の娘役のエマ・ストーンを見た。彼女はこの後、ホアキン・フェニックスと共演のウッディ・アレン作品「おかしな大学教授の妄想殺人」の後、「ラ・ラ・ランド」でスターダムである。日本でこの手の映画を撮るなら、是非、明石家さんま主演、娘役もIMALUでやって欲しい。
    「2001年」を意識しているらしいのは、冒頭とラストで分かる。むしろ同じキューブリックの「シャイニング」のようでもある。
    すると、彼は解脱したのだろうか。オウムの教祖みたいな場面も、そう言えばあった。中盤以外は、アメリカのコメディに抵抗のない人にはおすすめである。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • みるみる

    3
    2020/1/3

    もっと笑えるような話だと思っていたのが全然違った。期待していた展開ではなかったがそれなりに楽しめた。
    でもちょっと複雑で通好みの作品なのかな。マイケル・キートン、エドワード・ノートン好きな俳優二人の共演は満足でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告