超能力研究部の3人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

超能力研究部の3人

2014年12月6日公開,119分
  • 上映館を探す

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。

予告編・関連動画

超能力研究部の3人

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2013年3月にリリースされた乃木坂46の5thシングル『君の名は希望』のミュージックビデオで、乃木坂46全メンバーに敢行された嘘の劇中オーディションに勝ち抜いた秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未。山下監督はそんな彼女たちにインスパイアされ、大橋裕之の連作短編映画『シティライツ』を原作に映画制作を進めていたが、「この脚本でも撮りつつ、この映画を撮っているというメイキング風ドキュメンタリーも掛け合わせた一本の映画」というコンセプトを提案。どこまでが嘘でどこまでが本当なのか。3人が超能力とUFOを真剣に研究する女子高生を演じる“青春映画”でありながら、同時に彼女たちがアイドルから女優へと成長する様子を切り取った“アイドル映画”でもある本作。フェイクから始まった映画は、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出していく……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
BS-TBS
上映時間
119分

[c]2014「超能力研究部の3人」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • eikhussiineok

    1
    2014/12/10

    最初タイトルを見たとき、超能力を使ったSFものかと思いました。

    ふたを開けてみればドキュメンタリー映画。

    SFものと期待しない方が良いです。あまりにも期待はずれで途中で退席しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    4
    2014/12/9

    【賛否両論チェック】
    賛:「映画撮影のモキュメンタリー」という空気感が面白い。撮影と本編の両方が楽しめるのも嬉しい。
    否:〝撮影もフィクション”と知らずに観ると、「メイキングが長くて退屈」と感じてしまうかも。

    〝本題の映画撮影”という、とっても珍しいモキュメンタリーです。それを知らずに観てしまうと、映画界や芸能界の裏側を垣間見てしまったようで、若干複雑な気持ちになってしまうかも知れません(笑)。アイドル達が、〝映画撮影”という過酷な現場にあって、一歩ずつ成長していくのが印象的です。そしてそれとは別に、リハーサルや撮影のシーンはお話の順番に進むので、映画本編のストーリーも楽しめるという、まさに一石二鳥の作品でもあります。
    撮影そのものはフィクションですが、乃木坂46の頑張りは本物だと思いますので、ファンの方・気になった方は是非ご覧になってみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告