KIDS=ZERO キッズ ゼロ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

KIDS=ZERO キッズ ゼロ

2014年10月18日公開,62分
  • 上映館を探す

ヒーローを育成する学校に通う子どもたちによって結成されたヒーロー“キッズ=ゼロ”と悪の組織“悪十字軍”の戦いを描いた物語。ドラマ『花子とアン』の山岡愛姫を始めとした子役俳優に加え、「貞子3D」の喜屋武ちあき、「チーム・バチスタの栄光」の山口良一、「ごくせん THE MOVIE」の脇知弘などが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地球の愛と平和を守るため、日夜悪と戦い続けるヒーローを育成する英雄学園。その中でも特に優秀な5人のキッズは、未知の物質“キューブ”から正義の紋章を与えられる。普段はキッズアイドルとしてテレビで活躍する一方、悪が現れたときには正義の紋章の力によって、ヒーローに変身して戦う。それがレッドをリーダーとした“キッズ=ゼロ”だった。英雄学園に通う10歳の陸は、悪と戦う意味が理解できず、ヒーローの存在を嫌っていた。そんなある日、特別クラス“ヒーロー科”に編入することになった陸は、“キッズ=ゼロ”のメンバー“イエロー”に選抜される。やる気のない陸に優しく接してきたのはクラスメイトの零姫。彼女は、先祖代々ヒーローのリーダー的存在であるレッドの家系で、その役目を果たそうと頑張っていたが、仲間の反発を受けて自信を失っていた。そこへ、力の源であるキューブを狙う悪の集団“悪十字軍”が、総攻撃を仕掛けてくる。2度に渡る攻撃により、ついに奪われてしまうキューブ。果たして“キッズ=ゼロ”はキューブを奪還し、悪を倒す事ができるのか?ヒーローとは何か、仲間とは何か、その答えは……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
娯楽TV
上映時間
62分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?