サルウインドウ・ピリオド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サルウインドウ・ピリオド

2014年10月4日公開,83分
  • 上映館を探す

理不尽に不治の病にかかった被害者の苦悩と、ウイルスの恐怖を描くメディカルホラー。監督・脚本は「サル」シリーズの葉山陽一郎。出演は、「東京 ここは、硝子の街」の藤岡信昭、「ハニー・フラッパーズ」の重野友美、「勝手にしやがれ!! 強奪計画」の七瀬なつみ、「死霊波」の中谷彰宏、「Father」の尾関伸嗣。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2013年、HIVのウインドウ・ピリオド(空白の期間)が問題になった医療過誤事件が起こる。お年寄りの訪問介護の仕事に就いていた福家稔(藤岡信昭)は心臓の病気を発症し、ドナーを待って移植手術を受けないと生きられない状態に陥る。もはや命が尽き果てたとき、奇跡的にドナーが見つかり、心臓手術を受ける。健康を取り戻した稔は、同じ職場の希(重野友美)との間に一人目の子供をもうける。そして老人介護の仕事に復帰し、希と一緒にお年寄りのために働いていた。しかしその後、医師からあることを告げられる。それは移植手術の際、献血で輸血された血液製剤にHIVウイルスが混入されており、既にエイズを発症しているということだった。さらに、妻・希と赤ちゃんの望にも伝染していた。症状は次第に進行し、絶望と恐怖に襲われる稔だったが、病と闘いながらお年寄りのために仕事に打ち込む。しかし日に日に衰弱していく稔。稔と家族の運命は……。

作品データ

製作年
2014年
製作国
日本
配給
アルトマン・ピクチャーズ
上映時間
83分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?