みんなのアムステルダム国立美術館へ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

みんなのアムステルダム国立美術館へ

2014年12月20日公開,90分
  • 上映館を探す

オランダのアムステルダム国立美術館の改修工事を巡る大騒動を映し出したドキュメンタリー「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」の続編。2004年に一旦閉館し2008年の再オープンを目指し改修工事が進められたものの、新しい設計に市民が反発し工事は度々中断。学芸員や建築家ら美術館に関わる全ての人がそれぞれ思い描くみんなに開かれた美術館の完成を目指し意見をぶつけ努力を重ね、2013年4月にようやくグランドオープンを迎えた。前作に引き続きウケ・ホーヘンダイク監督が、10年にも渡り美術館が閉館された顛末や普段見ることのできない美術館の裏側、館長や市民をはじめ様々な人の美術館に向けた思いをつぶさに見つめる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など17世紀の傑作絵画をはじめ、歴史的遺産や美術工芸品など世界的な至宝を所蔵するアムステルダム国立美術館は、2008年の再オープンに向けた改修工事のため2004年に閉館。しかし改修後の美術館を通路が貫く設計に対し、サイクリストの多い地元市民から自転車が通りにくくなると反発の声があがる。地元市民からの理解を得られないため工事は度々中断され、工期は遅れていく。時には意見をぶつけ合いながら、学芸員や建築家ら美術館に関わる全ての人がみんなに開かれた美術館を目指し努力を積み重ね、2013年4月、ようやくグランドオープンを迎えるに至る。10年にも及んだ騒動の顛末や、展示品の選定、美術品の修復、作品購入など普段見ることのできない美術館商売の裏側、館長や市民をはじめ様々な人の美術館に向けた思いをカメラはつぶさに見つめる。

作品データ

原題
HET NIEUWE RIJKSMUSEUM
製作年
2014年
製作国
オランダ
配給
ユーロスペース
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • ひゃん

    4
    2015/4/11

    12年を費やして少年の成長を追ったドラマも大したものだが、
    今作も負けてはいない!?10年間に及ぶ国立美術館全面改修
    にまつわる奇想天外、且つ壮大な人間の記録だ!(誉めてます)
    そもそも観る前にタイトル「みんなの」とは何ぞや?と思って
    いた。そしたら2008年に一作目「ようこそ、」というのがある。
    一体どういう作品なのかと思えば、何と2004年~2014年まで
    世界的所蔵品を抱える国立美術館が閉館されていたのだった。
    いや、分かりますよ。建物を見れば。あーもう改修しないと
    ヤバいよね?というレベルの古さ。しかし何を10年もかけて
    工事しているんだ?と普通誰もが思う筈、さてその内情とは。
    あー愉快愉快。面白い面白い。失礼ながら、この争い総てが
    非常にエモーショナル^^;で且つ民主主義に満ちている。もう
    こんなバカ騒ぎなど信じられないほど、収蔵品そっちのけで
    自転車道と歩行通路のことでモメる館側と市民。この美術館、
    すごく面白い作りをしていて、美術館の建物内を自転車道が
    通り抜けできるよう配置されているのだ。当初コンペで建築
    デザインを勝ち取ったスペイン建築家の構想はサラリと却下、
    デザインが重視か?自転車道が重視か?みたいな水掛け論が
    治まらず、内部のデザインと合わせて工事は何度も頓挫する。
    どんどん延びるオープン予定に頭を抱える館長は途中で交代、
    新館長の座を狙っていた学芸員や、目玉の新作を落札できない
    失敗談などドラマ性にも事欠かない配合力。と思うと内部の
    スタッフ達は名画の修復や海外からの美術品収集に余念がなく、
    特に日本から「金剛力士像」を取り寄せたオタク(爆)部長!には
    満面の笑みと誇らしさが漲って彼の場面だけが常にバラ色だ。
    何なんだこの、破格の面白さは!声をあげて笑うことが数回、
    こういったすったもんだの戦いは、傍で見ているから面白い。
    美術館と銘打っているのに、名画は置き去りかよー?いえいえ、
    しっかりと名画たちも魅せてくれます。モメにモメた壁色でね。
    こりゃもう行くしかない!みんなのアムステルダム国立美術館へ。

    (真剣に笑う97分。しかし恐るべきはサイクリスト協会!強ぇ~)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告