救いたい|MOVIE WALKER PRESS
MENU

救いたい

2014年11月22日公開,110分
  • 上映館を探す

麻酔科医として患者を懸命に守り、また地域医療に奔走する夫を支える女性を通し、東日本大震災からの復興に向けひたむきに生きる人々を描いたヒューマンドラマ。国立病院機構仙台医療センターで麻酔科医長等を務める川村隆枝が、あまり知られていない麻酔科医の姿や自身の体験談を綴ったエッセー『心配ご無用――手術室には守護神がいる』を映画化。監督は「大河の一滴」「ハチ公物語」の神山征二郎。苦難を乗り越え前向きに生きようとする麻酔科医を「セカンドバージン」「ラヂオの時間」の鈴木京香が、被災地での診療に身を捧げる夫を「沈まぬ太陽」「伊豆の踊子」の三浦友和が演じる。前売券の売上の一部が、地域医療振興に向け寄付される。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

麻酔科医・川島隆子(鈴木京香)は仙台医療センターに麻酔科医長として勤めている。仙台市街に川島医院を開く夫・貞一(三浦友和)と、互いを尊重し合いながら仲睦まじく暮らしていた。2011年3月11日、東日本大震災が発生。貞一は被災地で地域医療に携わるべく、自宅を出る。被災地で診療所を立ち上げ、貞一は地域の人々や患者たちから頼りにされていく。そこには、懸命に前向きに生きようとする人々の笑顔があった。一方隆子は、震災で唯一の肉親である父親を亡くした悲しみから立ち直れないでいる部下・鷹峰純子のことが心配でならなかった。純子は父親の捜索に当たった自衛隊員・三崎大樹から好意を寄せられていたが、大樹を前にするとどうしても父親のことを思い出すため、彼の気持ちを受け入れられないでいた。純子をはじめ、多くの人が厳しい現実を受け入れ乗り越えようとしていた……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
AMGエンタテインメント(配給協力:アークエンタテインメント)
上映時間
110分

[c]2014「救いたい」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • ゆっこさん

    4
    2014/12/3

    藤村志保さんと中越典子さんの演技が光っていた。衆議院選挙では「経済復興」ばかりが叫ばれている。何か大事な物が忘れられているような気がする。この映画をたくさんの人が観ればいいなと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • kotsu2000

    2
    2014/12/2

    医療の現場での裏方の大切さがよくわかった作品でした。
    一般には手術の担当医のみがクローズアップされ感謝されるであろうが手術スタッフの協力がなければ何も出来ないことを教えられた作品でした。 しかし起承転結がはっきりし刺激の多い作品が好きな私には盛り上がりがなくいまいちと思います。
    また上映館(新宿ピカデリー)のスクリーンの状態が悪く(暗幕を上映サイズに合わせていない)画面が大きくなったり小さくなったりする感じがして目が疲れた作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ごっとん

    4
    2014/11/29

    このタイトルの「救いたい」は、単に人間の病気の治癒を言っているのではなく、震災で受けた精神的な気持ちを少しでも楽にしてあげたいという気持ちがあるのですね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告