西遊記 はじまりのはじまり|MOVIE WALKER PRESS
MENU

西遊記 はじまりのはじまり

2014年11月21日公開,110分
PG12
  • 上映館を探す

三蔵法師、孫悟空らの天竺への壮大な旅を描く日本でもおなじみの物語「西遊記」を、『少林サッカー』のチャウ・シンチーが監督・製作・脚本を担当し、新たに映画化。玄奘(三蔵法師)が孫悟空らと出会うまでの物語が、監督ならではのユニークな視点で描かれる。オリジナルとは異なった各キャラクターのビジュアルにも注目。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

妖怪ハンターの玄奘は、妖怪退治に失敗しては、手柄を同業の女性ハンターの段にとられてしまう。ある日、逃した豚の妖怪を倒すためには五指山のふもとに閉じ込められた孫悟空の力が必要だと師匠から教わった玄奘はさっそく五指山へ。その途中、段ら一行と遭遇した玄奘の前に、再びイノシシと化した豚の妖怪が出現し戦いが始まる。

作品データ

原題
西遊 降魔篇
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
中国
配給
日活=東宝東和(配給協力東京テアトル)
上映時間
110分

[c]2013 Bingo Movie Development Limited [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.6
  • からかす

    3
    2019/11/10

    ご存知最遊記の孫悟空と三蔵法師が出会うまでを描く
    「少林サッカー」のチャウ・シンチー監督作。
    ケレン味たっぷりのアクションと下品なギャグ(褒め言葉)で
    エンターテイメントとして良質な作品。
    孫悟空、沙悟浄、猪八戒はそれぞれに個性的で
    特に孫悟空は最初華のない阿部サダヲみたいなのに
    本領発揮すると結構えげつない戦いをしてなかなか魅力ある。
    なんといってもヒロイン演じるスー・チーの可愛いこと。
    一方で後に三蔵法師となる玄奘は若干掘り下げ不足でちょっと弱い。
    ラストは良い意味でのタランティーノっぽさを感じる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    4
    2014/12/11

    西遊記といえばマチャアキと夏目雅子とゴダイゴの世代。
    あんなに面白かったドラマも(だから覚えてるんだろうな)
    元を辿れば妖怪話だったんだけど、ゼンゼン怖くなかった^^;
    今作は妖怪ネタもグロもちゃんと描かれて大人向け?ながら
    ナンセンスなギャグはもう下らないのなんの。こりゃ~ドリフだ、
    なんて思ったら、そういやドリフも「飛べ!孫悟空」なんていう
    人形劇をやってたっけ(あー懐かしい)もう西遊記王国の日本。
    監督C・シンチーの並々ならぬ日本文化造詣の深さに驚く。

    どこで流れるの?と心待ちにしてしまったGメン'75。あー(爆)
    ナレーションの入り方もバッチグーだ♪よく観察しているなぁ。
    もう西遊記っていったらゴダイゴしか浮かばなかったんだけど、
    これからはGメンと並行して思い出しそう。柔道一直線、もか?

    思いきりよくオリジナルを取り入れ、三蔵法師が妖怪ハンター
    だった頃(創作ですね)のお話をエピソード0に入れてきた監督。
    髪の毛フッサフサだし、何か頼りなくて弱っちいハンター玄奘。
    常にストーカー?のように自分を守ってくれる段(スー・チー)の
    愛を受け容れ…たくても受け容れられず、まだ修行中という
    身分が的を得ている。彼が三蔵法師となるまでの修練と行方、
    妖怪三種(他にもたくさん)が、なんでまた彼の御供をすることに
    なったのか…が楽しく(やや残酷に)描かれていく。今や日本も
    妖怪ブームで凄いことになってますが、やはり孫悟空は王級。
    それがあのハゲじじい…ってのもご愛嬌(でも狡猾だからねぇ)

    まだギャグ入れるの?ってほどにナンセンス感がハンパなく、
    空虚王子と三婆たちの会話なんていつまでやるの?と思う位で、
    孫悟空と段のエクササイズ的なダンスも、まったく予告の通り^^;
    まさか段が?と思うラストの展開は(その後を思えば確かに)巧い
    が、それでアレが悟空の頭に…と思うと何気に切なくなってくる。
    私情を抑えたGメンに相応しくハードボイルド感も失っていない。

    (ハードボイルドGメン'75。熱い心を強い意志で包んだ三蔵たち)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • tom

    3
    2014/12/4

    なかなかのくだらなさ。
    このくだらなさがチャウ・シンチー作品らしくっていい。
    ただ「少林サッカー」や「カンフー・ハッスル」のような
    目からウロコの楽しさまでは届かなかったか。。。
    タイトルどおり西遊記の始まりの話なので
    三蔵法師を中心とした内容ってことが
    変わった切り口で面白かった。
    孫悟空、猪八戒、沙悟浄のかなりの悪者ぶりには
    感情移入できないほどちょっと引いてしまう
    グロさにはびっくりしちゃいました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告