映画-Movie Walker > 映画作品を探す > さよなら歌舞伎町 > レビュー

投稿レビュー(7件)さよなら歌舞伎町は星3つ

(投稿日:2018年8月31日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

歌舞伎町のラブホテルでの1日を描いた群像劇。が、タイトル通り最後は皆歌舞伎町からさよなら、に向けて話は進む。ちょっと間延びしてる印象もあったがまあまあ。前田敦子はメインなのに薄いしこの作品だとあまり魅力を感じない。明るくよく笑うキャラの方が合ってるんじゃなかろうか。韓国人カップルと家出少女とその相手の純粋さが際立って目立った。家出少女の「我慢って限度を超えると全然出来なくなるんだね」が良かった。皆の幸せを願ってしまう。 »ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

自分が住む世界を楽しく描いてくれた (投稿日:2015年7月5日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

新宿歌舞伎町のあるラブホテルを舞台にした群像劇。いろいろな男女がやって来て、逢瀬と別れを繰り返す。
なんと、自分がよく使うラブホが舞台だったり、身近な場所ばかりが登場し、嬉しくなっちゃいました。

思い返すと、丸一日のお話しだった。一日の印象が薄いのは、場面がいろいろあり、ドラマに奥行きがあるからだと思う。

残念に感じた所
・韓国人カップルが住む部屋は、職安通りのドンキの前だと思う。最高のロケーションなのに、なぜその窓からの風景を活かさないのか?
・刑事の不倫のくだりが長く、またウソっぽく感じた。
・男が帰った後に、なぜ店長は前田敦子の部屋に行ってあげなかったのか?またなぜ、前田敦子は彼氏を呼ばなかったのか?
前田敦子が脇役になったのは、脱がなかったからではないかと邪推。

自分が住む世界を楽しく描いてくれたので☆5つ献上です。 »ガイドライン違反報告

投稿:絶対色気値

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ジューシーフルーツのイリヤ (投稿日:2015年2月15日)

序盤は何組かのカップルのエピソードがバラバラに描かれるが、それがやがて纏まっていくという よくあるパターン。

デビューしたい女(前田敦子)の「デビューしたいけど、私だけで行くと(エントリーすると?)他の二人を裏切るみたいで後ろめたい」なる発言は、映画『ファントム・オブ・パラダイス』の対極的な感じだが、この女の発言とウラハラに「デビューさせてくれそうな男(大森南朋)とラブホテルに行く」のは後ろめたくないのか?という疑問。

冒頭のハンディカメラ映像も、『ここのみにて光輝く』での“揺れる心”を映すハンディカメラとは違って、本作では意味なし。

韓国人の女が風俗嬢として名づけられたのが「かつて存在していたバンド=ジューシーフルーツのボーカルがイリヤという名前だったから」というくだりは、ジューシーフルーツ生ライヴを観に行った世代としては懐かしい。
ジューシーフルーツは、当時では珍しいキュートな感じのサウンドで大好きであった。
このバンド名も元々は『ファントム・オブ・パラダイス』の出演バンド名から付けられたもの。元をたどると『ファントム~』に遡るのは、あの映画の影響力がここまで及んでいるのを感じる。
»ガイドライン違反報告

投稿:たっかん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ボカしが無ければ満点 (投稿日:2015年2月11日)

韓国カップルのエピソードがラブホテルを舞台にしたドラマとして最も良く出来ていた。
染谷くんは相変わらずド突かれたり、ド突きまわされたりしてる不貞腐れた佇まいが似合います。
東日本大震災への想いが、底に横たわってはいますけど、時代の空気や多国籍な雰囲気を楽しめました。

おっ、「私の男」に続いての河井青葉のおっぱいも愉しめます。
»ガイドライン違反報告

投稿:でーいー

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ラブホが舞台⁉︎ (投稿日:2015年2月2日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

主人公は一流のホテルマンを目指すも現在はラブホの店長。
そんなホテルで様々な事情を抱えたスタッフやお客さん。
明日時効を迎える逃亡者。家出少女。不倫中の刑事。日本で暮らす韓国人。
いつもと変わらない1日が思ってもみない事態に。

皆、人には言えない何かを抱えて生きている。
全てさらけ出したら楽になれるのにね。
偽って生きるよりかは正直に生きたい。
夢に向かって。
たった1日で多くの人が新たな出会い、そして別れをしている。
さよなら歌舞伎町。

普通に面白かった。
笑いもちょくちょくあります。
ラブホが舞台ってなかなか。
前田敦子ヒロインって割にはあんまし出番なかった。 »ガイドライン違反報告

投稿:リューキュー

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

前田敦子さんは (投稿日:2015年1月26日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

前田敦子さんは主演扱いなのに、この出演量も少ないし、演出としてもどうかと思います。本人は納得なのでしょうか。この作品で、特に濡れ場がある訳でもなく、男性主演は染谷君でしょうが、女性はヘナ役のイ・ウンウさんの方が女性主演だったかな?と思いました。 »ガイドライン違反報告

投稿:ごっとん

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ちっぽけだけど (投稿日:2015年1月24日)

世の中の小さな国の小さな町
通り過ぎても気づかないような人達
みんな生きてる
何か悩んでたり
でも夢を持ってたり
何か訳ありだったり
でも希望を持ってたり
小さな幸せは、それぞれに大きい
都会の雑踏の中で、誰にもわかってもらえなくても
たったひとりにわかってもらえればいい
みんな懸命に生きてる
小さな命は愛しくて大きいから »ガイドライン違反報告

投稿:KI-ki

評価:4
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > さよなら歌舞伎町 > レビュー