くちびるに歌を|MOVIE WALKER PRESS
MENU

くちびるに歌を

2015年2月28日公開,132分
  • 上映館を探す

08年の全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 拝啓 十五の君へ」。その作者であるアンジェラ・アキが全国の中学生に会いに行き直接対話をするというテレビのドキュメンタリーから発想を得た同名小説を新垣結衣主演で映画化した人間ドラマ。中学生たちのみずみずしい青春劇を映し出したのは『アオハライド』の三木孝浩。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

長崎県五島列島の中学校に天才ピアニストだったと噂される臨時教師の柏木が東京からやってくる。合唱部の顧問となった彼女は、コンクールへの出場を目指す部員たちに“15年後の自分”への手紙を書くという課題を出す。部員たちがつづった手紙には15歳の彼らが抱える誰にも言えない悩みや秘密がつづられていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
132分

[c]2015「くちびるに歌を」製作委員会 [c]2011 中田永一/小学館 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • 藤光

    5
    2020/8/3

    どうしようもなくベタな設定のドラマなのに、清涼感溢れる名画になっている。分析すれば駄作。なのに名作を見た印象。笑わない新垣に失望するファンがいる一方で、彼女の存在感を褒める評がある。新垣の映画の中で最高評価を得ているこの作品で、新垣は自らの存在を可能な限り抑えて、共演者たちの力を引き出している。彼女無しには成立しない作品だ。演出もそこを踏まえて、好ましい。五島列島の自然と光、それを見事に捉えたカメラも称賛に値する。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • イナムー216

    4
    2015/5/5

    子供だった事がある人なら、誰にも言えない子供ならではの悩みが分かると思います。私も常に生きるか死ぬか程の悩みがあったのですが、大人になると何で悩んでいたのか思い出せないので、そういうものだと思います。
    合唱部は新歓等の為にショートバージョンのちょっとしたデモンストレーションがあるのですが、ラストでコンクールに入場できなかった人の為に、それをロビーで行います。他校の生徒も巻き込んだそれは美しい名シーンでした

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • えり

    4
    2015/4/19

    合唱が好きです。
    が、合唱映画はあまり好きではありません。
    なんだか観る前から涙を流すことを強要されている気がするのです。
    もちろん人間の歌声には人を感動させる力がある。
    そんなことは百も承知。
    でもね・・・。

    と、うがった心を抱きつつ観に行った本作品。
    セーフ! でした。
    必要以上に感動を煽ることなく、きちんとまじめに作られていて
    安心しました。
    素直によかったね、と思いながら観ることができました。
    作り手のセンスだと思います。

    蛇足ながら、最後のガッキーの「ド シャープ・・・」に
    そうでしょっ!と激しく共感。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告