セデック・バレの真実|MOVIE WALKER PRESS
MENU

セデック・バレの真実

2014年8月23日公開,154分
  • 上映館を探す

「セデック・バレ」の監督ウェイ・ダーションと製作ホァン・ジーミンが共同製作を務め、霧社事件とセデック族に迫るドキュメンタリー。監督は、「セデック・バレ」録音のタン・シャンジュー。第50回台湾金馬奨最優秀ドキュメンタリー賞・最優秀音響賞ノミネート、第16回台北映画祭最優秀ドキュメンタリー賞ノミネート。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

霧社事件とは、1930年10月27日に台中州能高郡霧社(現在の南投県仁愛郷)で起こった台湾原住民による、日本統治時代後期最大規模の抗日暴動事件である。本作は、事件の被害者・加害者それぞれの遺族や、歴史学者へのインタビューを収録。そして、セデック族発祥の地と言い伝えられている巨石“プスクニ”を探す旅を記録し、霧社事件とセデック族の真実に迫る。

作品データ

原題
余生
製作年
2013年
製作国
台湾
配給
オリオフィルムズ/マクザム
上映時間
154分

[c]ARS Film Production [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?