ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版

2014年8月23日公開,68分
  • 上映館を探す

宇宙世紀後平和な繁栄を続けてきた世界を舞台に、少年と少女、そしてロボットとの運命的出会いと世界を揺るがす真実を描くTVアニメーションの先行上映版。2014年に放映35周年を迎える「機動戦士ガンダム」の新シリーズ。総監督はガンダムシリーズの生みの親の富野由悠季。声の出演は、石井マーク、嶋村侑、寿美采子ほか。2014年10月からの地上波TV放送に先駆けての、1話から3話をまとめた特別先行版。

巨匠・富野由悠季が描く未来へのメッセージ!劇場版『Gのレコンギスタ』特集

巨匠・富野由悠季が描く未来へのメッセージ!劇場版『Gのレコンギスタ』特集 PR

全5部作に及ぶ、劇場版『Gのレコンギスタ』に長期密着。富野総監督が描きだす、未来の子どもたちへのメッセージを読み解いてゆく!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀(U.C.:ユニバーサル・センチュリー)が終焉し、しばらくの時が流れた。新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いていくものだと思われていた。R.C.1014年。エネルギー流通の要である軌道エレベーター“キャピタル・タワー”は宇宙海賊を名乗る謎のモビルスーツ・G-セルフの襲撃を受ける。“キャピタル・タワー”を守護する部隊キャピタル・ガードの候補生ベルリ・ゼナムは作業用モビルスーツで応戦し、G-セルフを捕獲する。そのモビルスーツと操縦者の少女アイーダ・レイハントンに何かを感じるベルリ。そして特定条件を満たさなければ起動しないG-セルフがベルリに反応を示したことから、少年の運命は大きく動き出すのであった…。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東宝映像事業部
上映時間
68分

[c]創通・サンライズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?