TOP > 上映中の映画作品を探す > いつかの、玄関たちと、

「オードリー」「はい!もしもし、大塚薬局ですが」の勝又悠監督が高校の卒業を目前に控えた少女を軸に家族愛を描いたドラマ。少女が故郷を出る日が迫る中、一度も会ったことのない姉が少女と同い年の娘を連れて家に帰ってくる……。主演はアイドルグループAKB48から姉妹グループNMB48に移籍、「眠り姫 Dream On Dreamer」などに出演する藤江れいな。多感な少女の心の揺れを瑞々しく表現する。ほか、舞台やインディーズ作品に多く出演する橘麦、「極道めし」「ガキ帝国」の木下ほうか、「かまち」「バタアシ金魚」の山村美智、「小川の辺」「人生劇場」(1964)の松原智恵子らが出演。公開に先立ちスピンオフ短編『ワールドオブザ体育館』がWEB配信される。

4/5
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

緑豊かながら過疎化が進む神奈川県・下村で育った大塚あやめ(藤江れいな)は、高校を卒業したらこの地を出て進学することにしている。明るい父(木下ほうか)と聡明な母(山村美智)と過ごす日もあとわずかとなったある日、姉のすみれ(橘麦)があやめと同い年の娘・茉祐子(勝尾麻結奈)を連れて帰ってくる。すみれは恋人との子を身ごもり、あやめが生まれた年に18歳にして家を出て行ったため、会うのは初めてだった。これまでの穏やかな日常が変わって家族の中心がすみれとなり、戸惑うあやめ。一方すみれにはつらい過去があった……。

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 84
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 勝又悠
脚本 勝又悠
プロデューサー 中村勇介
撮影 古屋幸一
録音 小牧将人鈴木はるか
照明 酒井隆英加藤大輝
美術 渡辺麗子
編集 澤井祐美
衣裳デザイン 部坂尚吾
助監督 渡辺裕也
ヘアメイク 深山健太郎
スチール 福田晃弘
ライン・プロデューサー 藤岡晋介
音楽 松本龍之介
アシスタントプロデューサー 川邊健吾
主題曲/主題歌 MASH

キャスト

関連ニュース

スクリーンでも活躍するAKB48、夏~秋のメンバー出演作をチェック!
スクリーンでも活躍するAKB48、夏~秋のメンバー出演作をチェック!(2014年7月31日 10:10)

巨大アイドルグループ、AKB48。その人気は衰えを知らず、現在でもドラマに雑誌にとメディアに登場しない日はないほど。それは映画の世界でも同様で、これまでにメンバ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/19更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > いつかの、玄関たちと、