アリバイなき男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アリバイなき男

1953年8月26日公開,0分
  • 上映館を探す

「激情の断崖」と同じくエドワード・スモールが監督した犯罪活劇1953年作品。ハロルド・R・グリーンとローランド・ブラウンのストーリーをジョージ・ブルース「ヴァレンチノ」とハリー・エセックス「夜歩く男」が脚色し、撮影はジョージ・ディスカント。主演は「銃弾都市」のジョン・ぺインと「死の接吻(1947)」のコリーン・グレイで、プレストン・フォスター、リー・ヴァン・クリーフ、ネヴィル・ブランド、ジャック・エラムらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ティモシー・フォスター(プレストン・フォスター)はカンサス・シティの南西銀行襲撃を企てお尋ね者の3人、ピート(ジャック・エラム)、トニー(リー・ヴァン・クリーフ)、ボイド(ネヴィル・ブランド)を仲間にした。彼らは覆面をしてお互いに顔を見せないことにした。警察をまいて襲撃に成功した後、フォスターは仲間に、ほとぼりがさめたら獲得した大金を山分けしようと、秘密の目的地行きの切符と仲間の印として破ったトランプをわたした。いっぽう、花屋のトラックを運転するジョー・ロルフ(ジョン・ペイン)という男が、この犯罪に知らぬ間に関係させられていた。ロルフは彼に濡衣をきせようとするギャングたちを追い、すでにメキシコへ向かって逃げ去ったピートに追いついて、グァテマラへピートを呼びよせる電報と例の破れたトランプを無理にとりあげた。ピートは飛行場で刑事に殺され、ロルフはグァテマラへ急行した。途中、父のもとへ行くフォスターの娘ヘレン(コリーン・グレイ)に会い、ロルフは彼女と恋仲になった。ロルフはトニーとボイドにうまく味方だと思わせた。フォスターは罠を仕かけて待っていた。彼はトニー、ボイドそしてロルフを、金のかくしてある魚釣船に招いた。トニーは分け前を多くとろうとボイドを殺した。この時、かねて包囲した警察と打ち合わせてあったフォスターはトニーとロルフに拳銃をつきつけ2人を犯人にしようとした。トニーとフォスターは射ち合いをはじめ、2人とも致命傷を負った。フォスターは死の間際、警官に、ロルフは何の関係もないと証言した。ヘレンとロルフはやがて結ばれるであろう。

作品データ

原題
Secret Four
製作年
1953年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?