監視者たち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

監視者たち

2014年9月6日公開,118分
PG12
  • 上映館を探す

犯罪組織を監視する警察の専門チームと彼らの監視の目をくぐり抜ける犯罪グループとの攻防を描いたクライム・サスペンス。香港映画「天使の眼、野獣の街」の韓国リメイク。監督は「ひとまず走れ!」のチョ・ウィソクと「アメノナカノ青空」などの撮影を手がけたキム・ビョンソ。「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンが完全犯罪を成し遂げる犯罪グループの冷徹なリーダーを演じ初の悪役に挑戦。直感的な監視チーム班長を「シルミド/SHILMIDO」のソル・ギョングが、並はずれた記憶力と観察眼の持ち主である女性刑事を「王になった男」のハン・ヒョジュが、若手刑事をK-POPグループ『2PM』のジュノが演じる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

並はずれた記憶力と観察眼を持った新人刑事ハ・ユンジュ(ハン・ヒョジュ)は、韓国警察特殊犯罪課SCU内で凶悪犯の行動監視を専門とするベテランのファン・サンジュン(ソル・ギョング)率いるチームに配属される。チームは武装犯罪グループのリーダー、ジェームズ(チョン・ウソン)の追跡捜査を開始。捜査を通してサンジュンとユンジュは信頼関係を築いていく。しかしジェームズは緻密な計画を立て彼らの監視の目をかいくぐり、犯罪を遂行。彼の手を止めるために、チームは総力をあげて捜査にあたる……。

作品データ

原題
감시자들
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
韓国
配給
クロックワークス
上映時間
118分

[c]2013 OPUS PICTURES & ZIP CINEMA, All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • ひゃん

    5
    2015/2/17

    2007年の香港映画「天使の眼、野獣の街」の韓国リメイク版。
    原版を観ていないので比べようがないが、まぁ今作も何と面白い!
    冒頭からスリリングな追跡監視の場面が続くが、なるほどこれが
    テストだとは!ずば抜けた記憶力を買われ特殊犯罪課の監視班に
    配属されたユンジュをヒロインに、監視班の追跡劇が延々と続く。
    とんだ邪魔や気付かれ逃げられを繰り返しながら、面がバレない
    ことを念頭に犯人を追い詰めていく陰の監視者たちの動きは秀逸。
    見事な連係プレーで追いつめるも武装集団のリーダーが掴めない。
    数々の変装、小細工、小道具、騙しのテクをフル活用し、街中を
    駆け巡るアクションもスリル満点。二大演技派男優を中心に据えた
    見所満載の犯罪サスペンスだが、ヒロインの成長もしっかり描く。
    これシリーズ化してくれないかしら。

    (追い詰めるだけで逮捕できないのが癪だわ!とっ捕まえたいよね)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • uji

    5
    2014/10/11

    シネマテークたかさきで見てきました。

    犯罪組織を監視する警察の専門チームと彼らの監視の目をくぐり抜ける
    犯罪グループとの攻防を描いたクライム・サスペンス。
    香港映画「天使の眼、野獣の街」の韓国リメイクだそうです。

    面白い!
    冒頭のつかみがうまい!
    そこからはもうずっと監視者たちと犯罪グループとの駆け引きにしっかり
    引き込まれてしまった。
    全編、息もつかせぬ緊迫感!
    韓国映画にしてはめずらしく血が流れない、スタイリッシュな作品です。

    「監視者たち」というタイトルがなんだか安っぽくてもったいない。
    「監視」はたとえ任務外の事件に遭遇しても立ち入ってはいけない。
    そして気づかれたら外れる。
    犯罪グループの寡黙なリーダーを演じたチョン・ウソンの半端ない存在感に
    圧倒されます。

    そして大好きなソル・ギョング。
    韓国映画を100本以上見てきた私のなかでBEST10に入る
    「シルミド」「オアシス」「ペパーミント・キャンディ」にソル・ギョング
    は出ているのです。
    「監視者たち」の最後にチョン・ウソンを線路で追い詰めるシーン。
    そこにはあの名作「ペパーミント・キャンディ」で線路に立つソル・ギョング
    の姿が彷彿されました。

    それにしてもお隣、韓国から伝えられるニュースは相変わらず理不尽な
    ニュースが多いです。
    「政治と文化は別」と必死で薄っぺらな理性で言い聞かせている私です。
    心を広く持ち相手と同じ土俵に乗りたくは無いと思っています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • おさおさ

    5
    2014/9/27

    シンプルなストーリー、なのに面白い。
    最初から引き付けられます。
    よーく見てないと、正義の主人公と悪役がごちゃごちゃになります。
    俳優の大杉漣さんみたいな人が主人公の上司役なんですが、なかなか味のある人物。
    主人公は、可愛い子というか、綺麗な女性で、うちの会社にも居て欲しいような人でした。アクションシーンも素敵でした。
    そして悪役がまたカッコイイ。
    インテリな感じなのに、非情なことを顔色ひとつ変えずにやってのけます。
    犯人が犯罪を計画する時の、頭の中でのシミュレーションや主人公たちが犯人を徐々に追い詰めて行く場面など、どのシーンを取っても見ごたえ充分。
    今までも同じような映画はありましたが、間延びせず最後まで楽しませてくれる映画は少ないと思います。
    サスペンス・アクション映画としてオススメの一本です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告