映画-Movie Walker > 作品を探す > 最後の命

予告編を見る
最後の命の画像

中村文則の同名ミステリーを「まだ,人間」の松本准平監督が映画化。一つの殺人事件をきっかけに、幼少期に巻き込まれた凄惨な事件の記憶を抱えながら生きる二人の男の歪んだ人生が炙り出されていく。出演は「許されざる者」の柳楽優弥、「サクラサク」の矢野聖人、本作が映画デビューとなるモデルの比留川游、「捨てがたき人々」の内田慈。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

幼少期に集団婦女暴行事件に巻き込まれた明瀬桂人(柳楽優弥)と冴木裕一(矢野聖人)は、事件の記憶に苛まれながら年を重ねていた。成人した桂人はいまだ事件の記憶を抱え、人と肌を重ねる事に穢れを感じ、目的も無くフランス文学の翻訳作業を続けている。デリヘル嬢や、心を病み入院をしている同級生で恋人の小泉香里(比留川游)との電話という最低限の人との関わりの中で生きる彼の元に、冴木から高校を卒業して以来の連絡が届く。だが7年ぶりに二人が再会した夜、桂人の部屋で顔見知りのデリヘル嬢が殺された。取り調べを受けることになった桂人は、冴木が婦女連続暴行で全国指名手配中の容疑者であることを刑事から聞かされる。やがて、忌まわしき記憶によって人生を歪まされてしまった二人の男たちの心の闇が炙り出されていく……。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 ティ・ジョイ
上映時間 110
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 松本准平

キャスト

柳楽優弥
矢野聖人
比留川游

関連ニュース

柳楽優弥「24歳のガキが言うのもなんですが、生きていくことは楽しいことばかりじゃない」
柳楽優弥「24歳のガキが言うのもなんですが、生きていくことは楽しいことばかりじゃない」(2014年11月9日 01:44)

芥川賞作家・中村文則の同名小説を、柳楽優弥主演で映画化した『最後の命』の初日舞台挨拶が、11月8日に新宿バルト9で開催された。柳楽、矢野聖人、比留川游、松本准平…

「自殺に憧れる男」を演じた柳楽優弥がいま思うこととは?
「自殺に憧れる男」を演じた柳楽優弥がいま思うこととは?(2014年11月7日 03:00)

2014年は、『クローズEXPLODE』で筋金入りのワルメン、『闇金ウシジマくん Part2』でストーカーと、強烈でスパイシーな役柄を演じてきた柳楽優弥。芥川賞…

柳楽優弥、「眉毛、剃りな。つながっちゃダメ」とダメ出し体験談を告白
柳楽優弥、「眉毛、剃りな。つながっちゃダメ」とダメ出し体験談を告白(2014年11月1日 04:47)

柳楽優弥主演映画『最後の命』(11月8日公開)の完成披露試写会が、10月31日にスペース FS 汐留で開催。柳楽、矢野聖人、比留川游、松本准平監督が登壇。柳楽は…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 最後の命