リュウグウノツカイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リュウグウノツカイ

2014年8月2日公開,60分
  • 上映館を探す

アメリカで実際に起きた女子高生集団妊娠騒動にヒントを得て、閉鎖的な環境を打ち破ろうとする少女たちが巻き起こす騒動を描いた群像劇。出演は「ヘヴンズ ストーリー」の寉岡萌希、「祖谷物語 おくのひと」の武田梨奈。2014年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門で北海道知事賞を受賞。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

開発工事の影響で漁業不振に陥っている田舎の小さな漁師町。轟く重機のノイズをかき消すように、浜辺で大声を上げて女子高生のグループが遊んでいる。輪に入らず、1人で砂浜に座る真姫(寉岡萌希)は、海に浮かぶ大きな工事船を見つめている。グループの中で唯一、開発工事側で働く親を持つ孝子(佐藤玲)は、不漁の影響で家庭が崩壊してしまった真姫に後ろめたさを感じていた。そんな2人の関係を取り持とうと、明るく振る舞うリーダーの幸枝(武田梨奈)。ある朝、日課である浜の水質調査を行う少女たちの目の前に巨大な深海魚が姿を現す。気持ち悪くも美しい謎の深海魚は“リュウグウノツカイ”。この魚には“豊漁の兆候”、“災いの予兆”という両極端な言い伝えがあった。そして3年前に上京した同級生の千里(樋井明日香)が町に戻ってくる。偶然のようで必然のような日々に不思議な衝動を覚えた真姫は、集団妊娠計画を思いつく……。閉ざされた環境を打開するため、自らの手で未来を切り開こうと奮闘する少女たちの運命は……。

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
配給
スラッシュ
上映時間
60分

[c]slash / nomadoh [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.3

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?