映画-Movie Walker > 作品を探す > 大逆転(1970)

広告宣伝マンと美女のおりなすロマンティック・アクション。製作はロバート・S・ベイカー、監督はアルヴィン・ラーコフ。脚本はリー・ヴァンス、撮影はブレンダン・J・スタフォード、音楽は「星空」のスタンリー・ブラック、美術はアイヴァン・キング、編集はバート・ルールがそれぞれ担当。出演はTV「セイント」のロジャー・ムーア、「真昼の衝動」のマーサ・ハイヤー。その他クラウディ・ランゲバーナード・リーアレクシス・ケナーフランシス・マシューズ、ダドリー・サットンなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある広告会社の宣伝マン、ゲーリー(ロジャー・ムーア)はスポンサーのチルモア氏(バーナード・リー)お気に入りのモデル、マーラ(クラウディア・ランゲ)を探しているうち、彼女が最近殺された写真家セバスチャンとつき合っていたことを知った。モデルの依頼にマーラを訪ねた帰り、ゲーリーはセバスチャンのアトリエで見かけたターキン(アレクシス・ケナー)に襲われ気を失った。翌日、ゲーリーはマーラが、同僚のウォーレン(ダドリー・サットン)に殺されそうになっているのを救い、彼を追ったが、ウォーレンは何者かに射殺されてしまった。さらにその男は、拳銃をゲーリーに放り投げ、彼に殺人の嫌疑をきせた。ゲーリーは心ならずも、この一連の事件の究明にのり出した。彼はまず、マーラのおばで、TV会社に勤めるジョー(マーサ・ハイヤー)の家を訪ねたが、そこでウォーレンを射殺した男、ラドック(フランシス・マシューズ)とマーラを見出した。ゲーリーはマーラをつれて逃げ出したが、彼女は走って来たクラシック・カーにさらわれてしまった。彼はその車の紋章をたよりに訪ねたところ、そこにはターキンがいた。彼はある非暴力団体のメンバーだったが、この団体に陰謀を企む者がいることに気づき、ジョーがそれに関係しているとにらみ、セバスチャンを接近させた。しかし、その彼は何かをつかんだため殺されてしまった。そしてその時まで一緒にいたマーラにセバスチャンが新聞紙をおしつけ、何かを叫んだため、彼女は命を守ろうとするターキン一派と、殺そうとするジョー、ラドック一派に追われていて、その渦中に、ゲーリーが巻き込まれた、というのが事件の真相であった。その時、ラドックの手がのびて来た。ターキンはゲーリーとマーラを逃がし、自分は兇弾に倒れた。マーラと共に、セバスチャンの新聞を調べたゲーリーは、ついにジョー1派の陰謀を探り当てた。そして、政府の高官を、テレビ中継中に暗殺しようとした彼らの計画を、ゲーリーの決死の活躍でふせいだ。事件が終わって、ゲーリーはようやく、マーラと2人だけで愛を語りあうのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Crossplot
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 大逆転(1970)