TOP > 映画作品を探す > ファーナス 訣別の朝 > レビュー

投稿レビュー(7件)ファーナス 訣別の朝は星2つ

地味に起きる… (投稿日:2014年10月11日)

castが渋めに豪華で、レオもプロデューサーに関わっていることだしと、劇場に足運ぶ。

アフガンから帰還した兵士の心情を捉える映画は多いが、その誰もが帰還後平然と元の生活なんて送れるのだろうか。

そしてラッセルを筆頭に、地味に地域密着な生活を送る。特に能力がない人間がお金を稼ぐならば、コツコツ働くか、体を犠牲にして危ない橋を渡るか。何もない地域でもそういうのは存在する。

家族想いのラッセルは、穏やかだった生活が、まさに周囲に巻き込まれるtype。一度臭い飯を食べたのに、周囲のせいでまったく…
ジメッとした何も起こらないような所で、起こって欲しくないことが起こる。そして銃社会アメリカですよね。物騒。

対峙するハーラン役のW.ハレルソンってのが惜しい。彼は最近は脇役が多いのだが、この映画での彼の出番は多し。でもC.ベイルに対して演技が弱い。存在感だろうか。むしろK.アフレックやS.シェーパードの存在が大きいぞ? »ガイドライン違反報告

投稿:seapoint

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

訣別地獄。 (投稿日:2014年10月9日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

タイトルの通り、溶鉱炉内で我慢させられる内容の作品。
このペンシルベニアの町のさびれ方も尋常じゃない。
どこをとっても男臭く、閉塞・重圧・忍耐に満ち溢れた映画。
それで主人公がC・ベイルだもの~。もうたまんないわ^^;
監督たっての希望通り今作の主役を見事にこなしているけど、
この人にはもう普通の役はこないだろうことをお察しします。

さて。冒頭から嫌な雰囲気だらけの鬱屈感。
W・ハレルソンが狂気の暴れん坊であることを暗示してから
ずっとその様子が変わることはない。この人、本当に殺人を
犯しそうな顔でニヤけるから怖いことこの上ない(さすがだ)
私的にはタラハシー(ゾンビランド)の印象が拭えないから、
暴れそうになったらトゥインキーやっとけ!なんて思うけど。

兄貴同様(失礼)ムニャムニャ喋りが堂に入るK・アフレック、
いいのかそんな役で?と思わせるほど脇役のF・ウィテカー、
そりゃ~俺にはこの役だろうよ!と得意満面なW・デフォー、
宇宙人も保育士もやってみせちゃうんだからZ・サルダナ、
ハイハイ、あとは僕が纏めてあげるから役のS・シェパード。
内容が陰気だろうと地味だろうと配役は超豪華、
役者の見事な勢揃いに泣かされますが、何故この作品に?

これまで真面目にギリギリの幸せを生きてきた兄が、自身が
起こした人身事故によって全てを失ってしまう。恋人も弟も
もう何もかも取り戻せなくなった彼が、精神の均衡を保とうと
努力する様子に泣かされるが、しかし一瞬の不注意によって
これだけ不幸に陥っちゃうことも暗示している(交通事故防止)
運命は残酷だ…と思うけど、観客にも重くて救いようがない。

加えて、描き方がこの上なくしつこい^^;
最後の最後まで、ネチネチクドクドと男の追跡劇が続くのは
精神にも宜しくない。早く座席と訣別したい!って思わせる
ところが、主人公が抜け出せない地獄とリンクするのかしら。
疲れている時は、さらに増すのでやめておきましょう。

(今回はアフレックとハレルソンに軍配。視線が怖かったもん) »ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

良いお兄さん (投稿日:2014年10月1日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

良いお兄さんなんですよ。優しくて、面倒見が良くて、正直で。
こんな人から、何もかも奪い去ってしまうなんて、それこそ神も仏も無い・・って事。

黙って付き合ってくれるおじさんが居るのが救いかな?
鹿猟すら出来なくなった彼の変化が良い前振り。

激情に任せて来るでも無く、ただ淡々と着いてくる。怖いよ!
正体を知って納得はいっただろうけど、絶対に見逃してはくれない・・って悟っただろうし。

関わっちゃいけない人に関わり、怒らせちゃいけない人を怒らせた感じ。

静かに鬼気迫る迫力のクリスチャン・ベイル、良いなぁ。

でも、彼がこの先どうなるか‥が気になる。

個人的には大好きなウィレム・デフォーがロドニーを心配したり世話をしたり・・って姿が好きだな。 »ガイドライン違反報告

投稿:

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

原題 Out of Furnace - 溶鉱炉の外(つまり職場以外?) (投稿日:2014年9月30日)

試写会当選して頂いたのですが、行けなかったので映画館で見て来ました。

真面目に生きていいるにも拘らず、不幸に見舞われてしまう。
自分が犠牲になれば済む事なら受け入れる。
そこまでしているのに世の中の理不尽さに遂に。。。

こんな心の葛藤がゆっくりとしたテンポだが鋭く切り込んで描かれていると言う印象を受けました。

本作では、ウィレム・デフォー(スパイダーマンでグリーンゴブリン役)さんが、悪役の筈なんだけど仁義をわきまえた人物を素晴らしい演技で脇を固められていました。

勿論フォレスト・ウィテカー(大統領の執事の涙で主役)さんも素晴らしい演技をされていますが、勿体無いぐらいの使い方になっています。

現代でもアメリカの田舎に行けば、警察も手出しが出来ない様なこんな事があるのかな? 自分が作品の中の誰の立場だったらどんあ行動をしただろうかと色々考えさせられました。

とても良い作品だと思います。
(余談ですが、スタートがスローなので、最初で飽きずに続けて見て頂ければ、ジワリジワリと良さが伝わって来ると思います。)
»ガイドライン違反報告

投稿:Pilot

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

やり場のない感情。主人公が最後に下した決断とは。 (投稿日:2014年9月28日)

【賛否両論チェック】
賛:全てを失い、最愛の弟までも奪われた主人公が、最後の最後で選んだ結末が見どころ。
否:弟の死を「身から出た錆」と感じてしまうと、全く感情移入出来ない。殴り合いのシーンや殺害シーンなどもあり。

 この映画1番の注目は、まさしくラストシーンです。真綿で首を絞められるように、運命に幸せを徐々に奪われていき、極めつけに最愛の弟を奪われた男が最後に下す決断に、深く考えさせられるものがあります。もちろん賛否はあるかと思いますが、そうした議論があることも引っくるめて、イイ終わり方といえそうです。
 ただ、そうした主人公の感動的な姿も、
「そもそも弟が転落していったのは、自分のせいでは・・・?」
なんて思ってしまった日には、全く感動出来なくなるのもまた事実。良くも悪くも、好みは分かれそうな作品です。
»ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

やるせない (投稿日:2014年9月28日)

なんでこんな人生を送るかな~ぁって感じの、やるせない映画。
家族愛はあるけど、兄も弟も踏んだり蹴ったりの人生?
兄にはもう少し幸せになってもらいたかった~ぁ。 »ガイドライン違反報告

投稿:barney

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

出口の見えない閉塞感 (投稿日:2014年9月19日)

溶鉱炉が立ち並び、そこから出る白煙が立ち込めるペンシルベニア州の田舎町プラドック。
この田舎町に縛り付けられたように親子代々製鉄所で働く主人公ラッセル。
彼の父は寝たきり状態、イラク戦争から帰還した弟ロドニーはPTSDで苦しんでいるものの、家族間には愛があり、そして最愛の恋人もいるラッセルは慎ましいながらも平穏な日々を送っている。
そんな彼に唐突に不幸が訪れる。
一夜にして彼の人生は暗転し、彼を支えていたものを失っていく。
映画の展開を観ていると、ラッセルに厄災が起こらなくても、遅かれ早かれ登場人物達は夫々苦境に立たされていたと思う。
ただ単にラッセルの不幸によって、それが早めに表面化しただけだ。
この作品はアメリカの田舎町を舞台にしているが、未だに様々な問題を抱えているアメリカ社会の縮図を見ているような気がする。
中国から安い鋼材が輸入され、町を支えている製鉄所もその煽りを受けて不況に陥っていく。
町もそこに生きる人々をも覆う閉塞感。
その閉塞感に満ちた世界から一条の光を求めて足掻く人々。
主人公のラッセルは正にその象徴だ。
終盤、彼は自分が全てを失ったことに対する「落とし前」をつけようとする。
だが「落とし前」をつけてもつけなくても、その先には光は無い。
つまり進むも退くも地獄だ。
だからラストで我々も深い喪失感や悲壮感を味わうことになる。 »ガイドライン違反報告

投稿:玉川上水の亀

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/16更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ファーナス 訣別の朝 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る