映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 劇場版 進撃の巨人 前編〜紅蓮の弓矢〜 > レビュー

投稿レビュー(3件)劇場版 進撃の巨人 前編〜紅蓮の弓矢〜は星3つ

実写版の予習として鑑賞 (投稿日:2015年8月1日)

この『進撃の巨人』の原作漫画は、だいぶ前に第一巻を買って読んだが、昭和40年代の漫画(手塚治虫、藤子不二雄、川崎のぼる等)に馴染んだ世代としては、漫画の描写が斬新すぎて「この『進撃の巨人』って面白いのかどうか」が「?」だったので第二巻を買っていない。

ただ、本日公開された『進撃の巨人』(実写版)を鑑賞予定であるため、その予習として去年公開されたアニメ版の前編を観た。

冒頭(漫画第1巻)部分は、かなり原作に忠実であるが、巨人が人間を喰らうシーンは漫画の残酷さをマロやかにした感あり。

結構面白い作品であり、実写版もこのアニメ版も後編まで観なければならない娯楽作であった。
»ガイドライン違反報告

投稿:たっかん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

自由は自分の手でつかみ取る。主人公の悲壮な決意の前篇。 (投稿日:2014年11月26日)

【賛否両論チェック】
賛:与えられた安全を捨て、自らの運命を切り開こうとする主人公の姿に胸を打たれる。予備知識が要らないのも嬉しい。
否:巨人に食べられる描写など、グロいシーンが続く。

 原作やアニメ、いずれの知識もなくても大丈夫です。1つの作品の前編として観られます。特筆すべきは、何といってもその世界観。人間を滅ぼしうる脅威に怯え、かりそめの安全神話にすがって生きるだけの日々を捨て、危険でも自らの自由意思で道を切り開こうとする主人公の姿が、とても印象的でカッコイイです。後編へと謎を残す終わり方も、続きが観たくなる感じでイイですね(笑)。
 巨人は人間を喰らう生き物なので、そうしたグロい描写も結構あるのが難点ですが、実写映画化も決まっている話題作ですので、是非ご覧になってみて下さい。
»ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

どこを取り上げたのか (投稿日:2014年11月23日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

総集編なので、どこを切り捨てどこを取り上げるのか
楽しみにして観ました。
おお、なるほど、と1人で納得したりして。
何度アニメを見てもやっぱり引き込まれます。
劇場で観る迫力がたまらなかったです。
前編最後の、テーマソングの挿入の仕方もとても良かったです。 »ガイドライン違反報告

投稿:フー

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 劇場版 進撃の巨人 前編〜紅蓮の弓矢〜 > レビュー