MARCHING 明日へ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

MARCHING 明日へ

2014年8月23日公開,111分
  • 上映館を探す

横浜のマーチングバンドに所属するメンバーたちの苦悩や葛藤、東日本大震災被災地・福島のブラスバンドとの交流を描くヒューマンドラマ。企画・原作・監督は「ドン松五郎の生活」「ウィニング・パス」の中田新一。出演は「1/11 じゅういちぶんのいち」の竹富聖花、「王様ゲーム」の桜田通、「莫逆家族 バクギャクファミーリア」の石田法嗣。2014年5月24日より、神奈川県先行公開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

横浜で活動するマーチングバンド“ヨコハマ・ジーベック”のメンバーたちは、全国大会優勝を目標に日々練習に励んでいる。しかし、ブラス部門のメンバーたちは様々な問題を抱えていた……。ソロを目指して退団を申し出る大学生の孫忠信(桜田通)、バンドと仕事の両立に悩む室田淳(澤田和宏)、故郷・福島の震災の爪跡から立ち上がろうとする中学生の洋介と詩織。そんなメンバーたちをなんとかひとつのチームにまとめあげたいと隊長の園井マリ(竹富聖花)が奮闘する中、詩織の兄で漁師をしている勝男が原発事故の影響で頭を抱えていることを知る……。

作品データ

製作年
2014年
製作国
日本
配給
MARCHING配給委員会
上映時間
111分

[c]2014MARCHING株式会社 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • ホルン

    3
    2014/8/25

    横浜ロビンズが出演しているということで観てきました。
    監督さんの舞台挨拶の中でお話しがあったのですが、もともと地震前に企画された作品であったとのこと。
    地震のために脚本を変更せざるを得なくなった結果、このような内容になってしまったようです。

    結果、「放射能の影響で福島で赤ちゃんを生み育てることはできない」という主張が強く記憶に残ってしまい。
    マーチング本来の楽しさや苦労を伝えきれていないように思えました。
    劇中、ロビンズの昨年のショーのランスルーを観るとができますが、欠席しているメンバーがいるのがドリルから見てとれて、残念に思えました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告