TOP > 上映中の映画作品を探す > ワイルド・ビル

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」の俳優デクスター・フレッチャーによる初監督作品。刑務所から出所した父親と息子たちの姿を描く人間ドラマ。出演は、「狼たちの処刑台」のチャーリー・クリード=マイルズ。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012長編部門(国際コンペティション)上映作品。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

8年の刑期を終えて家族の元にやってきた出所してきたビル(チャーリー・クリード=マイルズ)は、母親は家を出て、息子のディーン(ウィル・ポールター)とジミー(サミー・ウィリアムズ)が2人で暮らしていることを知る。建設現場で働きながら弟を育ててきたディーンはビルに強く反発するが、幼いジミーはビルを慕い始める。ビルは仕事を探し、生活を改めようと努力するが、昔の仲間が接触を図り、事態は予想外の方向へ進んでいく……。

作品データ

原題 Wild Bill
製作年 2011年
製作国 イギリス
配給 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ワイルド・ビル