映画-Movie Walker > 作品を探す > 毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編

予告編を見る
毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編の画像

認知症の母親とのユーモラスな日々を描いたドキュメンタリー「毎日がアルツハイマー」の続編。さらに病状が進んでいく母親の介護を続ける中、関口祐加監督がパーソン・センタード・ケアという認知症ケアを学びにイギリスの認知症医療施設を訪問。精神科医や看護師長、音楽療法師に取材を試み、“これから”の認知症介護に迫る。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

関口祐加監督の母・ひろこさんが、アルツハイマー型認知症と診断されて3年半。頑なに家から出ようとしなかった閉じこもり生活にも少しずつ変化が見え始める。デイサービスに通えるようになり、嫌がっていた洗髪をし、娘の関口監督と一緒に外出もするようになった。その姿はなんとも幸せそうである。しかし、調子が悪い日は感情の起伏が激しく、突然怒りがこみ上げたり、相変わらず一日中ベッドの上ということもある。そんな母との生活の中で“パーソン・センタード・ケア”(P.C.C.=認知症の本人を尊重するケア)という言葉に出合った関口監督は、認知症介護最先端のイギリスへと向かい、北部ノーリッチにある認知症ケア・アカデミーを訪問。認知症の人を中心に考え、その人柄、人生、心理状態を探り、ひとりひとりに適切なケアを導き出すP.C.C.の実態に迫っていく……。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 シグロ
上映時間 51
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 関口祐加
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編