映画-Movie Walker > 作品を探す > 大海賊

「十戒(1957)」のセシル・B・デミルが総指揮したスペクタクル映画。ライル・サクソンの原作をジェニー・マクファースンが改作し、それにもとづいてハロルド・ラムエドウィン・ジャスタス・メイヤーC・ガードナー・サリヴァンが脚色したデミルの戦前作の脚本を、新たにジェシー・L・ラスキー・ジュニア、ベレエス・モスクの2人が筆を加えている。監督はアンソニー・クイン。撮影は「底抜け1等兵」のロイヤル・グリグス。音楽エルマー・バーンスタイン。出演するのは「旅」のユル・ブリンナー、「大いなる西部」のチャールストン・ヘストン、シャルル・ボアイエ、クレア・ブルームインガー・スティーヴンスヘンリー・ハル等。製作ヘンリー・ウィルコクスン。テクニカラー・ビスタビジョン。1958年作品。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1812年、アメリカ合衆国はイギリスとの戦いで合衆国の要衝ニューオリンズが、イギリス軍に占領される危機にさらされていた。アメリカ軍を指揮しているアンドルー・ジャクスン将軍(チャールストン・ヘストン)はニューオリンズ攻防の重要な地点であるバラタリア島を占領している海賊ジャン・ラフィット(ユル・ブリンナー)を味方に引き入れようとしていた。しかしラフィットは首に賞金をつけられている身なので、アメリカにもイギリスにも力を貸そうとしなかった。ラフィットは多くの部下をしたがえていたが、中でもドミニク・ユー(シャルル・ボアイエ)は彼の片腕ですべてに采配をふるっていた。その頃アネット総督の妹ユリーはコリンシアン号に乗って旅に出た。このコリンシアン号をラフィットの部下ブラウンは襲い沈めてしまった。ラフィットはかねてから、アメリカの国旗をかかげている船を襲ってはならぬと云いわたしてあったので、大いに腹を立てブラウンを絞首刑にした。ブラウンの娘ボニー(クレア・ブルーム)はこの時からラフィットを仇と憎むようになった。部下の仕業とはいえ、ラフィットはコリンシアン号を沈めたことに責任を感じ、クレイボーン総督に申し出てアメリカがわに協力しようとしたのであった。やがて協定が成立しラフィットはアメリカがわにつき戦うことになった。このためニューオリンズでの戦にアメリカ軍は勝利をおさめた。勝利を祝う宴会がひらかれ、その席上で、ラフィットにうらみをもっていたボニーがマリーの服を着ていたことから、コリンシアン号を沈めたのはラフィット一味であったことがわかり、いままでラフィットを英雄として迎えていた人たちは彼の命を要求した。ラフィットはドミニク以下の部下をひきつれ、ふたたび海にのりだしていった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 The Buccaneer
製作年 1958年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 大海賊