荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて

2014年10月10日公開,116分
R15+
  • 上映館を探す

『テッド』のセス・マクファーレン監督が自ら主人公を演じる、コミカルな西部劇。銃も撃ったことのないオタク青年が、ミステリアスな美女と知り合ったのをきっかけに、悪党に戦いを挑んでいく姿がつづられる。主人公のガールフレンドをアマンダ・サイフリッド、謎の美女をシャーリーズ・セロンが演じるなど豪華女優陣の共演にも注目。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西部開拓時代のアリゾナ。田舎町に暮らす地味でオタクな羊飼いのアルバートは、文化度の低い西部の町に嫌気がさしていた。ところがある日、超一流の射撃の腕前を持つミステリアスな美女アンナが現れ、アルバートと急接近。また、大悪党のクリンチが町に乗り込んできて、アンナに近づいたアルバートは命を狙われてしまう。

作品データ

原題
A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
シンカ=パルコ
上映時間
116分

[c]Universal Pictures [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • たっかん

    1
    2016/12/4

    シャーリーズ・セロン出演作なので観てみたが、下ネタが下劣すぎる。

    冒頭、男と男の「地面の影」を使ってブロージョブ的なジョークはまだカワイイもので、その後も下品な下ネタ続きはウンザリ。
    全然笑えない。

    唯一笑えたのは、「俺の羊が逃げ出して、逃げた先が売春宿。そしたら、羊が売春宿で20ドル稼いでいた」という一箇所だけ。
    それ以外は本当に面白くない。

    1882年の時代の「シャーリーズ・セロン西部劇風の姿」を観て、「やっぱり綺麗だなぁ~」と思うだけの映画だった。

    残念。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たかちゃんlove

    4
    2014/11/5

    セス・マクファーレンはやっぱり天才。
    顔から受ける印象とは全く違うからこそ良いのね。
    よくぞ出演したよね~ って言いたくなるような シャーリーズ・セロン、リーアム・ニーソン他上手い役者揃いでもうサイコー!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Pilot

    4
    2014/11/3

    めちゃめちゃ笑った!!!

    リーアムニーソンさんをそういう使い方する?!
    可也ショッキングでしたが、こんな一面を見られたのがうれしいやらせつないやら。。。(クワイガンを倒せるのは、ダースモールだけ???)

    何も考えずに笑いたい人には、絶対にい進めの映画です!

    なんとバックトゥーザフューチャーのあの人が。。。

    モニュメントバレーの素晴らしい景色が映画の品を上げてくれている気がしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告