人生はマラソンだ!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

人生はマラソンだ!

2014年6月21日公開,107分
R15+
  • 上映館を探す

破綻寸前の工場を再建するため、家族や仲間に支えられながら中年男たちがフルマラソンのゴールを目指す姿を描くオランダ産ハートフルコメディ。幼なじみの友人であり出演もしているマルティン・ファン・ワールデンベルグとヘーラルト・ムールダイクによる脚本を、本作が長編映画デビューとなるディーデリック・コーパルが監督した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

オランダ・ロッテルダム。小さな自動車修理工場を営むギーア(ステーファン・デ・ワレ)は、妻と息子の3人暮らし。反抗期の息子の扱いに悩み、自身も健康に不安を抱えている。工場の従業員は、古くからの仲間のニコ(マルセル・ヘンセマ)、レオ(マルティン・ファン・ワールデンベルグ)、キース(フランク・ラマース)の中年3人組とエジプト系移民の若者ユース(ミムン・オアイーサ)だが、男たちは昼から缶ビール片手にカードゲームに興じ、マジメに働いているのはユースだけであった。そんなある日、ニコが事務所で税金督促状の束を発見。ギーアは皆に工場の経営不振を隠していたのだ。3万8758ユーロの滞納金を支払うことができなければ工場は閉鎖だという。だが、休憩中にユースが読んでいた“ランナー・マガジン”をきっかけに、ギーアたちはスポンサーを見つけ、口説き落として一か八かの賭けに出る。それは広告を胸に掲げロッテルダム・マラソンに出場、「全員完走出来たら借金を肩代わりしてもらう。完走出来なければ工場を譲る」というものだった。元マラソン選手のユースのコーチの下、スポーツとは全く無縁だった4人はマラソン完走に向け、練習を開始。しかし、ギーアは体調が悪化、レオは奔放な若い妻に振り回され、キースは敬虔なクリスチャンである妻に「日曜は神が定めた休息日」と走ることを止められ、ニコには仲間に言えない秘密を抱えていた。はたして4人はフィニッシュラインに辿り着くことが出来るのか……。

作品データ

原題
De Marathon
映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
オランダ
配給
ザジフィルムズ
上映時間
107分

[c]2012 Eyeworks Film & TV Drama B.V. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • ひゃん

    4
    2014/10/14

    タイトルを見て、確かに人生ってマラソンだよな、と思う。
    なにしろ長い。キツイ。ケガをする。バテる。しかし頑張る。
    そんなこんなの繰り返しで人間は歳をとっていくものだけど
    今作はそんな説教めいたことは何にも云わない。
    冒頭からメタボな親父たちが仕事そっちのけでカードゲームに
    興じている姿がいつまでも流される。何なんだ、この親父たち。
    ついに税金滞納がバレた経営者はスポンサーを口説き落とし、
    ロッテルダム・マラソンで全員が完走したら工場を救って!
    なんてのたまうが、初めはまったくやる気なし。どこにでも
    いそうな中年親父が本当にフルマラソンなんて走れるの!?と
    誰もが彼らを心配するが…。まさにオランダ版フル・モンティ。
    どこまでも温かい家族や友人の力は偉大であると、最後まで
    諦めない4人の奮闘ぶりに胸が熱くなる。意外な悲劇を生む
    ラストには驚くが、その後の〆は笑顔になれること請け合い。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ごっとん

    4
    2014/7/3

    楽しい、面白いで終わるのかと思ってましたが、やっぱり結果は主人公の死亡で終わるのですね。結局、自分ではゴールをきれなかったし。何だか、切ないですね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 3
    2014/6/27

    一番の解決策は、働かない社員を数人解雇することだけど。もしくは勤務時間をシフト制にして減らすとか。
    でもそんな事しない。
    普段はだらしないけど、根性のある家族思いの人情派。そんな社長なんだよね。

    そして腐れ縁的なスタッフたちは普段はめちゃくちゃなことするくせに、家族の前だと何であんなに無力なんだ?

    個人的にはニコの恋がどうなったのか凄く気になる。あの中で唯一まとも?と言うか少しは信頼できる?キャラだし。

    マラソンランナーを断念したユース君は気の毒なんだけど、きっと頑張って気持ちを切り替えて働いているんだろうな。
    良いトレーナーになりそうよね。

    滅茶苦茶で、だらしなくて、見た目も大概なおじさん達だけど、なんか、失笑しながらきゅんと来る感じ。
    嫌いじゃないな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告