映画-Movie Walker > 作品を探す > かあちゃんに贈る歌

アラフォーのダメ娘による母の在宅介護の模様を笑いと感動で描くハートフル・ドラマ。原作・脚本・演出の葉七はなこの実話をモデルとして制作された。監督は「受験のシンデレラ」の和田秀樹。出演は、あいはら友子西方凌風間トオル赤塚真人ほか。2014年1月11~13日の三日間、ヒューマントラストシネマ渋谷にてレイトショー上映。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

かあちゃん満子(あいはら友子)は、幼い頃から苦労して一人前となり、今ではボランティア活動に性を出す人情深くてパワフルで、おもろい大阪のおばちゃんとして過ごしていた。一人娘の葉月(西方凌)は、彼氏もいない独身負け犬アラフォーダメ女。歌手になる夢を未だ諦めきれず、いまだ自宅に居座りかあちゃんに迷惑をかけていた。ライブでは客から「下手くそ」と言われ自信を喪失するが、かあちゃんはそんな葉月が歌手になる夢を応援していた。ある日かあちゃんが、突然高熱を出して自宅廊下で倒れ歩けなくなり寝たきりになってしまう。一人で介護をする葉月に福祉関係の人々が家族のように励まし、何とか慣れない在宅介護の日々を送る。かあちゃんの病院で知り合った介護仲間の林あきらは、特別養護老人ホームの順番を待ちながら認知症の母親を介護している。お互い悩みを相談するうちに、次第に2人は心を開き葉月にとっても気になる存在となるのだった。しかし、かあちゃんが今度は余命半年と宣告される。世界一大好きなかあちゃんとの別れや、歌手になる夢も破れて何もかも自分自身も嫌になる葉月は安定剤を飲みながら介護を続ける毎日。かあちゃんが亡くなった後に一人ぼっちになることを考えると一層かあちゃんより先にこの世からいなくなりたい?と思う葉月だったが、そんな葉月に訪問看護師の佐藤がそっと励ましの手紙を渡す。その手紙を読んだ葉月の目に一粒の涙が零れ落ちる。そして、最後の最後まで自分の夢を応援してくれたかあちゃんに最後に何ができるのか? 葉月はその気持ちを込めて作曲を始めるのだった…。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
上映時間 82
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 葉七はなこ
プロデューサー 井内徳次越坂康史佐藤みな子
監修 和田秀樹
原作 葉七はなこ
脚本 葉七はなこ
音楽 葉七はなこ宮本純次
エンデイングソング 葉七はなこ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > かあちゃんに贈る歌