TOP > 映画作品を探す > シバ 縄文犬のゆめ

「大丈夫。-小児科医・細谷亮太のコトバ-」など多数のドキュメンタリーを手掛けてきた伊勢真一監督が、縄文時代から日本人とともに生きてきた柴犬の魅力に迫る。天然記念物柴犬保存会会長を始め、愛好者たちに話を伺うとともに、子犬から成犬まで、様々な柴犬たちの姿を追ったファンタジックなヒューマンドキュメンタリー。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

天然記念物柴犬保存会会長、照井光夫さんは10代後半から柴犬の虜になり、今では30頭近い犬とともに日々を過ごしている。照井さんは、愛犬保存協会創立者である中城龍雄さんの弟子を自認。縄文時代に私たちの先祖が狩りの戦友として暮らしを共にしてきた日本犬を理想に掲げ、柴犬をその理想に戻す保存活動に、仲間たちと半世紀に渡って取り組んできた。“私たちの柴犬は少数派。でもたとえ少数でも、縄文時代に生きた犬。日本犬の祖先に近い純粋な柴犬を、私たちが守り続けなければ……”と語る照井さんを始め、柴犬の愛好者たちに話を伺うとともに、カメラは柴犬たちに寄り添い、その魅力を伝える。

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 いせフィルム
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > シバ 縄文犬のゆめ