映画-Movie Walker > 作品を探す > サイレント・ウォー(2012)

「インファナル・アフェア」シリーズのアラン・マックとフェリックス・チョンが共同で監督・脚本を務めたスパイ・サスペンス。共産党と国民党が争っていた時代の中国を舞台に、暗号解読のために組織された共産党の特殊部隊の活躍を描く。出演は「グランド・マスター」のトニー・レオン、「クラウド アトラス」のジョウ・シュン。

3/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

中国共産党と国民党が争っていた時代。内戦に敗れた国民党は台湾へ逃れたが、その残党はまだ暗躍していた。共産党は敵の動向を監視するため、秘密裏に“701部隊”を設立。国民党の無線通信を傍受し、解析を続けていたが、ある日突然その通信が途絶えてしまう。部隊の責任者である郭興中(ワン・シュエピン)、通称“老鬼”は、新たな通信を探り出すために聴覚に優れた人材を集めようと、コードネーム“200号”、諜報員の張学寧(ジョウ・シュン)に密命を下す。それは、優れた能力を持つピアノ調律師・羅耳三(パル・シン)を探せというものだった。命令を受けて上海に向かった張は、羅耳三を捜し出すが、同時にそこで助手で盲人の調律師・何兵(トニー・レオン)と出会う。何兵の聴力が異常に発達していることを知った張は、彼を部隊に連れ帰る。張からモールス信号や通信技術を学んだ何兵は、やがて厳しい試験をくぐり抜け、見事に国民党の通信を発見。部隊の重要メンバーとなる。一方、コードネーム“重慶”と呼ばれる国民党の大物スパイを誘き出そうと罠を張る張だったが、抗争は混迷を極めてゆく……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 聽風者
製作年 2012年
製作国 中国=香港
配給 ツイン
上映時間 120
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サイレント・ウォー(2012)