映画-Movie Walker > 作品を探す > 続 ますらを派出夫会 お供は辛いネの巻

秋好馨の漫画を映画化した「ますらを派出夫会」の続編。監督は小田基義。出演は榎本健一柳家金語楼古川緑波トニー谷三木のり平ほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

激しい訓練の後にどうやら一人前の派出夫となった寅造は三文文士の北見の家に派出された。着る着物もない程貧乏な北見は寅造の服をかりて原稿売込みに出かけたが売れず、思いあまって彼もまた「ますらを派出夫会」に入った。ある日「なでしこ派出婦会」の古井たま子が現われ一人雇いたいといった。しかし派出婦会の副理事が派出夫を雇ったとあっては世間へのきこえも如何かと思われるので、結局寅造が女装をして行くことになった。たま子の家には娘の街子が大阪から子供をつれて来ていた。寅造はまめまめしく街子につかえたが、あまりサービス精神を発揮しすぎ病気になって入院してしまった。その代りに古井家に行ったのはひどく心臓の強い北見であった。病院に入った寅造はそこで看護婦となって働いている娘の絹子に会った。やがて退院した寅造は見込まれて再び古井家に戻った。ある日、古井家に米のかつぎ屋になった細君のそのが現われた。寅造はそのの手をとって涙にかきくれた。たま子の好意でそのが古井家に泊った夜、健太副会長が家出をしたという通知がもたらされた。会長である女房あらし女史の虐待に耐えかねた健太は部下の派出夫達をつれ、寅造を尋ねて古井家に現われた。あらし女史も現われ、たま子と手を結んであわや男性対女性間に血の雨が降るかと見えたが、寅造とそのの夫婦愛を見た一同は和解した。やがて「ますらを派出夫会」は大阪に支部を設けることになり支部長に任命された寅造はそのと二人で任地に出発した。絹子は貫二と結ばれた。優秀な派出夫であった貫二は良き良人となることであろう。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 61
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小田基義
製作 山本紫朗
原作 秋好馨
脚本 笠原良三三瓶恵司
企画 南里金春
撮影 芦田勇
音楽 小島和夫
美術 島康平狩野健
録音 西尾昇
助監督 野村企鋒
照明 入江進
製作主任 北沢勇

キャスト

江川健太 榎本健一
亀山寅造 柳家金語楼
古井蔵之進 古川緑波
品川 トニー谷
北見 三木のり平
熊本 千葉信男
丸山 南道郎
貫二 柳沢真一
黒田街子 北川町子
健太の妻 あらし 塩沢登代路
寅造の娘 絹子 白鳩真弓
寅造の妻 その 千石規子
蔵之進の妻 たま子 清川玉枝
野田 泉和助
守衛 坂内英二郎
街子の友達 宇治あけみ
街子の友達 歌川千恵
街子の友達 佐渡絹代
街子の息子 日吉としやす
街子の娘 増坂奈緒美
八百屋の親爺 田辺元
酒屋の小僧 久田謙二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 続 ますらを派出夫会 お供は辛いネの巻