伝説のレーサーたち 命をかけた戦い|MOVIE WALKER PRESS
MENU

伝説のレーサーたち 命をかけた戦い

2014年3月1日公開,111分
  • 上映館を探す

F1レースの安全性の歴史を辿るドキュメンタリー。マリオ・アンドレッティ、ルイス・ハミルトン、ジェームス・ハントなど、F1を代表するレーサーたちの肉声とサーキット実写映像を収録。監督は、「ザ・フー:アメイジング・ジャーニー」のポール・クラウダー。ナレーションは、「悪の法則」のマイケル・ファスベンダー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世界最高峰のフォーミュラカーレースであるF1は、技術の進歩に伴いより速いマシンが誕生する一方、レース中の事故で命を落とすレーサーが後を絶たなかった。多くの仲間を失ったドライバーたちはF1をより安全なものにしようと改革に乗り出し、1994年のアイルトン・セナを最後に死亡事故は起こっていない。本作は貴重なアーカイブ映像やワールドチャンピオンを含むF1レーサーや関係者たちのインタビューを収録し、死亡事故が多発した1960~70年代以降、どのようにF1の安全性が向上されたかの歴史を紐解いていく。

作品データ

原題
1
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
ツイン
上映時間
111分

[c]2012 FAST Track Films USA, LLC ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • yendou

    4
    2014/3/7

    ロン・ハワード監督作の「RUSH プライドと友情」では、1975年頃からのF2、F1でのラウダvsハントのライバル争いが描かれていましたが、本作はF1黎明期から、1980年代手前までの時代背景を描いたドキュメンタリー映画。本作では、ラウダvsハントは1つの時代背景に過ぎなく、話題の中心はどちらかというと、F1というモータースポーツが、どのようにスポーツとして今の地位を得てきたかというところに焦点が当たっている。それでも、セナやマンセル、アロンソ、ベッテルなど、最近のF1レーサーから、ラウダやジャッキー・スチュアート、マリオ・アンドレッティなどの往年の名ドライバーまで、インタビュー映像や当時の映像なども楽しめるので、ファンとしては絶品モノの作品になっています。

    そもそもの黎明時期が第二次世界大戦においての、戦闘機でスピードを求める男たちを背景にしているという出だしが面白かった。むろん、これは1つの見方に過ぎないのだろうけど、「ライト・スタッフ」よろしく、ジェットエンジンから宇宙開発に先陣を切った男たちと同様、地上での速さを求めて、もっとも速い車を目指していったように描かれるのは、なんか男としてのロマンを感じます。ただ、速さを求めるのと引き換えて払う代償が、レーサーたちの命。僕がF1を見始めた1990年くらいも、ラウダの時代よりは多くなかったけど、2年に1人、2人はレースで命を落とすドライバーがいたように思います。F1が単純な技術開発として、速さを求めるだけではなく、スポーツとして、どう安全性を担保するかを考えなければならない。その担保された土俵があるからこそ、レーサーはスポーツ選手として最大限のパワーを発揮できるのです。

    多分、今のレギュレーション(規則)だと、1990年のF1のほうが技術的には進化していたんじゃないかな(アクティブ・サスとか知ってる身としては)と思います。でも、それだけだとドライバーの安全性だけでなく、お金があるトップチームだけが勝ち残り、スポーツとしての面白みもなくなってしまう。定期的に行われる車両規則の変更などは、速さの魅力に取りつかれ、命を落とした先人たちのうえに成り立った、モータースポーツがスポーツたるうえの進化ではなかったのかと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • パライバ

    4
    2014/3/1

    公開初日とはいうものの、たった1回だけの上映なので、気合いを入れてチケットを購入し臨んだ。満席。
    F1のことはほとんど知らなかったけれど、先日の「Rush」の主人公たちの背景がわかるかな?という期待以上のものだった。F1の整備されていく様子を淡々と追うから、ど素人でも理解できるようになっている。
    ドキュメンタリー映画はおもしろい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告