1/11 じゅういちぶんのいち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

1/11 じゅういちぶんのいち

2014年4月5日公開,80分
  • 上映館を探す

ジャンプスクエアに連載中の中村尚儁による同名コミックを実写映画化した青春ストーリー。高校進学を機にサッカーを辞めた少年が、女子日本代表選手である天才サッカー少女と出会い、再び夢を取り戻そうともがく姿がつづられる。主演にD-BOYSの池岡亮介、ヒロインを竹富聖花が演じるなど、期待の若手が多数共演する。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

自分は“サッカーの神様に選ばれた人間”ではないと、ソラは中学卒業と同時にサッカーを辞める事を決めていた。ところが、そんな彼の前にひとりの少女が現れる。四季はサッカー女子日本代表“なでしこジャパン”の11番を背負う天才サッカー少女で、彼女との出会いが、ソラを再びサッカーへと向き合わせる事になる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
80分

[c]2014 中村尚儁/集英社・「1/11 じゅういちぶんのいち」サポーターズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • 門倉カド

    5
    2014/4/5

    【賛否両論チェック】
    賛:ラブシーンなども一切なく、初めてのデートでも安心して観られます。すごく真っ直ぐな青春ドラマなので、観終わった後にさわやかな気分になれること間違いなし。
    否:ちょっとクサい内容なので、現実主義の人にはあまり向かないかも。あと、若干ファンタジー要素もあるので、その辺も好みが分かれそうなところ。

     主人公のソラは勿論ですが、それ以外の登場人物1人1人に物語がある、どちらかといえば群像劇です。高校生特有の、「部活に対する両親との価値観の違い」や「一生懸命やることへの恥ずかしさ」、「伝えられない素直な気持ち」など、それぞれが悩み、苦しみながら、自らの想いを実現していきます。
     「諦めずに本気でチャレンジすれば、人は変われる。何にでもなれる。」
    ためらうことなくそう言い放つソラの言葉は、とてもすがすがしく感じます。
     気になるラブシーンなんかもありませんので、デートムービーとしてもかなりオススメです。忘れてしまった青春を取り戻したい方に、是非オススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告