太陽の坐る場所|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太陽の坐る場所

2014年10月4日公開,102分
  • 上映館を探す

『ツナグ』などで知られる直木賞作家・辻村深月の同名小説を水川あさみ主演で映画化した人間ドラマ。同窓会で10年ぶりに再会した高校の同級生たちが、高校時代に抱えていた複雑な思いをさらけ出すさまがつづられる。『ストロベリーショートケイクス』など女性の内面を繊細に描くことで定評のある矢崎仁司が監督が務める。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京から電車で2時間ほどの町にある高校に通っていた同級生たちが、同窓会のために10年ぶりに集まることに。地方局のアナウンサーとなった響子ら田舎組の話題といえば、人気女優となったキョウコのことばかり。そんな中、有名ブランドのデザイナーだと嘘をつく由希や彼女に思いを寄せる島津らはそれぞれの胸中を打ち明ける。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
102分

[c]2014『太陽の坐る場所』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.7
  • barney

    1
    2015/3/24

    思ったより静かで暗かった。
    それに前後する映画は疲れる。
    それにみんな高校時代の出来事を引きずってる感じで...................。
    どうせならもっとドロドロ感がほしかったし.............。
    最後もなんかすっきりしなかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • おだちん

    3
    2014/10/26

    この作品の主役は、どうやら水川さんでも木村さんでもなく、森カンナさんのようだ。
    女の業をもっとも醜く表現できていたのは彼女であって、本来の主演二人はどうもふわふわとつかみどころがなかった。
    ○○放送XX周年記念というのはたいてい地元フィーチャー度が高くなるが、この作品もそう。
    だいたいそんなに頻繁に同窓会は開かないでしょ。
    っていう違和感と相殺して、星は3つかなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    3
    2014/10/22

    腹黒人間がこぞって登場する、とてもリアルな作品。
    まぁ女子にはありましたね~^^;こういう世界が。

    高校時代、女王として君臨していた高間響子(水川)と、
    同じクラスになったことで仲良くなる鈴原今日子(木村)。
    名前が同じ。ということで親しくなっていくが、
    とある事件をきっかけに二人の立場が微妙に変化していく。
    10年後、地元で地方局のアナウンサーを務める響子と、
    東京へ出て人気女優となり活躍を続ける今日子。
    地元クラス会でついに顔を合わせることになる二人だが…

    まぁ観ていて懐かしいというより、嫌な気分になる作品。
    響子のような人は確かに小・中・高と、どのクラスにもいた。
    どうして女子というのはああいう派閥を作るのか?と思うが、
    自分もその頃は友人とつるんでいた^^;何だろう、確固たる
    理由はないが、当時は独りでいるのが嫌だったのだろうか。

    そして小学生の頃に、その女王(というよりほぼ番長)と
    同じ名前だった私ともうひとり、つまり一クラスに三人の
    同じ名前の女子がいたことがある。これはけっこう面倒^^;
    色々比べられるのも嫌なものだが、たかが同じ名前くらいで
    何だってんだ!と思うのが当の本人達。今作もそこを小突く
    (一見仲良しだけど)響子側の真意は、もう一人の今日子の
    あだ名を名字からとり、これは私だけの名前だと明示する。
    やだねぇ、これだから女ってのは^^;

    しかし本作で一番怖い(そして多い)のは、当のキョウコ達では
    なく、その傍らで小細工をする由希(森)。こういうタイプは
    社会に出てからどこにでも存在し、あらゆる場面で絡んでくる。
    強きに擦り寄り弱きを見下す。非常に強かな人間だが、世間を
    よく知る意味で最強である。誰かを出し抜いて出世をするのは
    案外こんなタイプなんじゃないかと思うが、悪意の元で人間は
    育たないので、いずれ誰からの信頼も失っていくことになる。

    面白いのは、こんな社会の縮図を学校生活で学んでいたんだな、
    そう思った今の自分だった。

    (主役二人は適役だったのか^^;インタビューを読むと結構面白い)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告