映画-Movie Walker > 作品を探す > 無人地帯

原発事故による汚染で立ち退きを迫られた飯館村の風景と、そこに住み続ける人々の姿を追ったドキュメンタリー。監督は、「映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事」の藤原敏史。朗読は、「スウィート ヒアアフター」のアルシネ・カーンジャン。ベルリン国際映画祭、東京フィルメックス他、国際映画祭に多数出品。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

津波と原発事故発生の翌日には避難が命じられ、無人の土地にされたはずの20km圏内の地域。2011年の春、大地の営みはなんら変わらず、春の訪れとともに桜が咲き誇っていた。そんな美しい四季を誇る故郷に、もう住めないだろうと言われている。その現実に直面した人々は、生活と文化と歴史を奪われた。原発から40km離れていたにもかかわらず、大地をひどく汚染された飯館村も、故郷を離れる時が刻一刻と近づいていた。破壊された風景と、それでもそこに住み続ける人々をカメラは見つめ、その真実の声を拾っていく。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本 フランス
配給 シグロ
上映時間 105
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 無人地帯