映画-Movie Walker > 作品を探す > 野のなななのか

野のなななのかの画像

北海道芦別市を舞台に、葬儀のために集まった家族の姿と、その家族に関わる終戦の秘話を通じて、3.11以降の日本のあり方を見つめるドラマ。「この空の花 長岡花火物語」の姉妹編的位置づけとなる大林宣彦監督作品。全編、芦別市でロケ撮影を行なった。出演は「沈まぬ太陽」の品川徹、「アフタースクール」の常盤貴子。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 16
レビュー 2
投票 14
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 33% (2)
星4つ 100% (6)
星3つ 100% (6)
星2つ 0% (0)
星1つ 33% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

雪降る冬の北海道芦別市。風変わりな古物商“星降る文化堂”を営む元病院長、鈴木光男(品川徹)が他界する。3月11日14時46分、92歳の大往生だった。告別式や葬式の準備のため、離れ離れに暮らしていた鈴木家の面々が古里に戻ってくる。光男の妹・英子(左時枝)は82歳。光男の2人の息子はすでに他界し、それぞれ孫が2人ずつ。長男の長男、冬樹(村田雄浩)は大学教授。その娘・かさね(山崎紘菜)は大学生。長男の次男・春彦(松重豊)は泊原発の職員で、その妻が節子(柴山智加)。気難しい光男と“星降る文化堂”でただ1人、一緒に暮らしていた孫のカンナ(寺島咲)は次男の娘で看護師。その兄・秋人(窪塚俊介)は風来坊。そこへ突然、謎の女・清水信子(常盤貴子)が現れる。“まだ、間に合いましたか……?”不意に現れては消える信子によって、光男の過去が次第に焙り出される。終戦が告げられた1945年8月15日以降も戦争が続いていた樺太で、旧ソ連軍の侵攻を体験した光男に何が起きたのか?そこには、信子が持っていた1冊の詩集を買い求めた少女・綾野(安達祐実)の姿もあった。果たして信子と綾野の関係は?明らかになる清水信子の正体とは?生と死の境界線が曖昧な“なななのか(=四十九日)”の期間、生者も死者も彷徨い人となる。やがて、家族や古里が繋がっていることを学び、未来を生きることを決意する。

見たい映画に
登録した人
42

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 PSC=TMエンタテインメント
上映時間 171
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大林宣彦
プロデューサー 山﨑輝道
原作 長谷川孝治
脚本 大林宣彦
脚色 内藤忠司大林宣彦
撮影 三本木久城
音楽 山下康介
主題曲/主題歌 パスカルズ
美術 竹内公一
編集 大林宣彦三本木久城
録音 内田誠
エグゼクティブプロデューサー 大林恭子

キャスト

鈴木光男 品川徹
鈴木冬樹 村田雄浩
鈴木春彦 松重豊
鈴木秋人 窪塚俊介
鈴木カンナ 寺島咲
鈴木かさね 山崎紘菜
鈴木節子 柴山智加
光男の青春時代 内田周作
大野の青春時代 細山田隆人
小佐田留美/林崎敏江 小笠原真理子
韓国人の母 イ・ヨンスク
井上弘樹 大久保運
中西安志 小磯勝弥
井上百合子 斉藤とも子
英子の少女時代 猪股南
若杉稔 相澤一成
野の音楽隊 パスカルズ
キオスクのおはさん 根岸季衣
高橋良子 原田夏希
田中英子 左時枝
山中綾野 安達祐実
大野國朗 伊藤孝雄
清水信子 常盤貴子

レビュー

前衛的邦画(なのか?!)ワケわからん!

投稿者:でーいー

(投稿日:2014/06/01)

途中、アランレネの映画とタルコフスキーの映画と、ベルイマンの…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 野のなななのか