ある過去の行方|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ある過去の行方

2014年4月19日公開,130分
  • 上映館を探す

協議離婚のため4年ぶりに自宅へ戻った男と元妻、その恋人、子供たちが織り成すサスペンス・ドラマ。監督・脚本は「別離」のアスガー・ファルハディ。出演は、本作で2003年カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した「アーティスト」のベレニス・ベジョ、「預言者」のタハール・ラヒム、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のポリーヌ・ビュルレ。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フランス人のシングルマザー、マリー=アンヌ(ベレニス・ベジョ)は夫と別れて4年。正式な離婚手続きをとるため、今はテヘランで暮らすアーマド(アリ・モッサファ)をパリに呼びよせる。アーマドがかつて妻や娘と過ごした家を訪れると、そこではマリー=アンヌの新しい恋人サミール(タハール・ラヒム)親子との新生活が始まっていた。だが、マリー=アンヌとサミールが再婚する予定だと聞かされたアーマドは、彼らの間に不穏な空気を感じ取る。そんな中、長女リュシー(ポリーヌ・ビュルレ)との関係に悩んでいたマリー=アンヌから、娘の本音を聞き出してほしいと頼まれたアーマドはリュシーから衝撃の告白を受ける。やがて、彼らが背負う過去と数々の真実が浮かび上がり、マリー=アンヌとサミールはそれぞれの過去にひきずられながら、自ら運命を変えていくのだった……。

作品データ

原題
LE PASSE
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
フランス イタリア イラン
配給
ドマ=スターサンズ(提供 ハピネット=ドマ=スターサンズ)
上映時間
130分

[c]Memento Films Production - France 3 Cinema - Bim Distribuzione - Alvy Distribution - CN3 Productions 2013 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • uji

    4
    2014/6/5

    イラン出身のアスガー・ファルハディ監督の前作「別離」は本当に素晴らしくて
    迷うことなく2012年の私の映画BEST1になった作品なので今回の「ある過去の行方」
    も期待大で見て来ました。

    「別離」はイランを舞台にした作品で子供の教育や親の介護など日本と同じような
    問題を抱えている現実があり、そこでのある家族のちょっとした嘘からそれぞれの
    思いが浮かびあがり最高の人間ドラマになっていったわけです。

    「ある過去の行方」も過去に起こったある家族の問題にそれぞれが「私が悪いのかも・・・」
    と思った人間ドラマになっていたはずなのですが、なんだか切れが悪い・・・
    後半もう少し研ぎ澄まされた緊張感みたいなものが足りなくて終わってみると
    なんだか「もやっ」とした後味が残りました。

    けっして悪い出来の作品ではなかったと思うのですが、なにしろ前作「別離」が
    素晴らしすぎて・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • でーいー

    4
    2014/5/7

    ある家庭の破局劇を淡々と描きながら、リアルな人物造形で底知れない怖さをはらんだ力作。
    監督は、離婚調停のため帰国した元夫の立場か。
    過去の探り合いのなかで、彼らの未来がどうなるのか、後ろ髪ひかれつつ別れた元夫のその後が気になった。
    そういう意味で、登場人物のその後を想像せずにいられない。
    説明的なセリフを徹底的に排除した姿勢にかなり好感をもちました。逆に何言いてえんだよ!って思う人もたくさんいるかもしれないですが…。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • seapoint

    2
    2014/5/5

    マリー=アンヌの下が緩いのがそもそもの問題でしょう。3度も夫を変え、最後は不倫から不倫相手の妻を自殺未遂、植物人間になる始末。それでもその相手と一緒に暮らしているって、どうかしてるぜ?

    それに巻き込まれた子供や元夫。人数が多い上、面と向かうには気持ちよくない相手同志。誰も得しないし、ハッピーじゃなく、イライラが溜まる。そりゃ、口論だって起こるでしょうよ。
    植物人間という絶望な人を目にして、人は口を閉ざす。子供しかり、従業員しかり。人を殺したような怖さに追われる。
    人間関係のうっぷんが大参事を起こすなんて、誰も予想しない。

    綻びが極めて緻密で、静かに現る。時間経過が停滞する故、だるさを感じてしまうのだが、人間関係なんぞ、その細かさの連続。バンバンと大きな出来事ばかりの日常なんて、あり得ない。
    そういったstoryのリアリティは〇だが、やはり退屈かな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告