ハリケーンアワー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ハリケーンアワー

2014年2月15日公開,96分
  • 上映館を探す

2005年8月、ハリケーン“カトリーナ”に襲われたニューオーリンズを舞台に、生まれたばかりの我が子を守ろうとする父親の姿を描いたドラマ。主演は2013年11月に事故死したポール・ウォーカー(「ワイルド・スピード」シリーズ)。「遊星からの物体X ファーストコンタクト」の脚本家エリック・ハイセラーの初監督作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

過去最大の巨大ハリケーン“カトリーナ”が迫るニューオーリンズの病院に、救急車で運ばれた妊婦とその夫ノーラン・ヘイズ(ポール・ウォーカー)の姿があった。強風によってロビーの窓ガラスは破壊され、患者や医師、看護師たちは避難で右往左往。混乱の中、一心に妻の無事を祈るノーランだったが、医師からは早産で生まれた子供は助かったものの、妻が亡くなったことを聞かされる。打ちひしがれるノーラン。その上、やっと生まれたわが子は生命維持装置の中に入ったままで、動かすこともできない。病院は暴風雨によって浸水。ほとんどの人々は避難して誰もいない。ノーランは、わが子を守るため、1人で病院に残ることを決意する。赤ん坊の入った生命維持装置の電源を確保するため、寝ずに手動で電気を起こし、清潔な水を供給するために病院内を動き回る。だが、救出も来ない状況下、次々とトラブルに見舞われ、ついには銃を持った略奪者たちが現れる。果たしてノーランは無事、わが子を守り、生き残ることができるのか……?

作品データ

原題
HOURS
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
日活=AMGエンタテインメント(日活)
上映時間
96分

[c]2012 - Hours Capital, LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • barney

    4
    2014/2/6

    巨大ハリケーンに襲われた病院、誰もいなくなってしまった病院、そこで生まれたばかりのわが子を守ろうとする父親のサバイバルドラマ。
    助けを求めるも、脱出を試みるも、娘は生命維持装置なしでは生きられず、機械の故障でその充電も3分までしか持たず、そのたびに充電しに行きまた3分........。
    ウルトラマンか~い。
    ところが1回時間に間に合わなかったら持ち時間が2分ともたなくなる。
    そしてその持ち時間は徐々に減っていき..........。
    そんな状態で外部と連絡も取れないまま、いったいどう脱出できるのか???

    っつーかこの映画、先日亡くなったポール・ウオーカーの一人芝居って感じだったけど、よかった!!
    でも娘のためとはいえ、2人も殺す???

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告