戦う幌馬車(1967)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

戦う幌馬車(1967)

1967年8月5日公開,101分
  • 上映館を探す

クレア・ハフェイカーの西部小説『悪党』を彼自身が脚色、「続・荒野の七人」のバート・ケネディが監督した西部劇。撮影は「スタンピード」のウィリアム・K・クロシア、音楽はディミトリ・ティオムキンが担当。出演は「エル・ドラド」のジョン・ウェインン、「巨大なる戦場」のカーク・ダグラス、「渡り者」のハワード・キール、ロバート・ウォーカー・ジュニア、「消えた拳銃」のキーナン・ウィン、「逃亡地帯」のブルース・キャボットほか。製作はマーヴィン・シュワルツ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

仮出獄を許されたトウ・ジャクソン(ジョン・ウェインン)が、ニューメキシコの故郷エメットの町に帰って来た。トウは自分を無実の罪に陥れて、刑務所へ送り、その間に彼の所有する土地と金鉱を奪ったピアース(ブルース・キャボット)に復讐を果たさんとして、戻って来たのだった。驚いたピアースは賞金1万ドルで、トウを殺してくれと流れ者のガンマン、ローマックス(カーク・ダグラス)に頼んだが彼は返事をしなかった。トウとローマックスの間には、ピアースが砂金を運ぶ装甲馬車を襲撃して、50万ドルの砂金を奪おうという計画が進められていたのだ。2人は先ずメキシコ人の無法一味の1人だった熊のリーバイ(ハワード・キール)を仲間にし、さらにアル中のくせに爆発物を扱わしたら天才のビリー(ロバート・ウォーカー・ジュニア)を味方にした。一方トウはインディアンの酋長にわたりをつけ、小銃20挺と銃弾と塩を与える代わりに装甲馬車襲撃に協力することを約させた。そしてローマックスはピアースの牧場へ忍び込み、爆破用にニトログリセリンを盗み出した。いよいよ襲撃の手はずが整った。トウとビリーは盆地の峡谷にかかる木橋に爆破装置をしかけ、リーバイは大木を伐り倒して間道をふさぎ、ローマックスは橋の手前で待ち受けた。ピアースと30人の部下が守る装甲馬車はトウとローマックスそれにインディアンの強力な攻撃にあえなく全滅した。50万ドルの砂金を荷馬車の小麦粉の樽に移して彼らが引き上げようとした時だった。突然、攻撃に加わっていたインディアンの1群が襲って来た。だがニトログリセリンを使ったトウの機転で、インディアンたちは次々に倒れていった。また砂金も小麦粉とともに地面に散った。折りしも土地を追われたキオワ・インディアンの難民の大群が通りかかり、散らばった小麦粉を砂金とともにわれさきに奪い合った。それを見たリーバイは自分の部族へ帰って行った。金を失って怒ったローマックスもトウの馬を奪って立ち去った。この時トウは、彼らに協力して殺された老人が、ひそかに砂金の袋を御者台に隠したことを思い出した。果たしてそこには数個の袋があった。トウはビリーと老人の妻ケイト、そしてローマックスを加えた4人で山分けすることにした。

作品データ

原題
The War Wagon
製作年
1967年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル映画
上映時間
101分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • 晴耕雨読

    3
    2009/10/25

     1960年代後半と言えばイタリア製西部劇が全盛期の時代であり、かく言う私も完全にはまっていました。そんな時代にハリウッドが面白い西部劇を作ってくれました。題名は「戦う幌馬車」ですが、どちらかと言えば「戦う駅馬車」ですよね。例によってジョン・ウェイン西部劇なので、派手な集団乱闘劇(敵味方なしに殴りあう)が登場します。ノー天気なタフガイ・カウボーイぶりを描くためには必ず登場しますが、同じ時代にイタリア製西部劇に対抗して撮られたリチャード・ブルックス監督の「プロフェッショナル」に比べると魅力も迫力も半減ですよね。

     中年から初老の域に達したジョン・ウェインのアクションはモタモタ・ノロノロですが、50歳代のカーク・ダグラスのアクションはキレがよく、乗馬する際の跳び箱飛びのような運動神経のカッコよさは映画公開当事でも語り草でした。装甲車のような現金輸送車を襲撃する計画でニトログリセリンを使用するのですが、ニトログリセリンを木の橋に仕掛けるシーンは、アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の名作「恐怖の報酬」を思い起こさせ手に汗握る緊張感があります。

     二人の男女の仲もそうですが、結末はある程度予測出来ましたが、ジョン・ヒューストン監督の「黄金」をダブらせるシーンには思わずにんまり、「戦う幌馬車」の方が後味が良いですよね。但し、ジョン・ウェインとカーク・ダグラスが酒場で対峙した後、酒場の中から見た屋外風景が絵ではチョッとチープ過ぎはしませんか。

    【NHK・衛星第二放送】鑑賞

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告