ふしぎな岬の物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ふしぎな岬の物語

2014年10月11日公開,117分
  • 上映館を探す

吉永小百合が自ら企画&主演を務め、『津軽百年食堂』の森沢明夫の小説を映画化したヒューマンドラマ。岬の先にあるカフェの女主人と、そこに集う人々が織り成すドラマがつづられる。女主人のおいを阿部寛、店の常連客を笑福亭鶴瓶が演じるなど、個性あふれる顔ぶれが物語を彩る。監督は『八日目の蝉』の成島出。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

海を望む岬の先にある小さなカフェ、岬カフェ。店主の悦子が入れるコーヒーを目当てに今日も里の住人たちが集まってくる。おいの浩司はそんな悦子をずっと見守り、穏やかな日々は続いていた。ところがある日、店の常連客の娘で音信不通だったみどりが、数年ぶりに里に戻ってきたことから、不穏な空気が流れ始める。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
117分

[c]2014「ふしぎな岬の物語」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.9
  • あちゃぺ

    3
    2016/7/18

    特別なことは何もなく、ただただ人の平凡な日常が描かれているだけだけど、どこか温かい、なにか切ない、でも不思議に元気になれる映画です。

    吉永小百合さんの映画を初めて観たけど、本当にテレビのバラエティーやトーク番組で観るそのままのイメージでした。映画のキャラクターを越えてるような気がして、「悦子」さんに吉永小百合さんがあるのではなく、「悦子」さん自体が吉永小百合さんのように思わせる演技…これはすごい!

    「ありがとね」…
    繰り返し映画で言っていた言葉。
    大切に思えました。
    謙虚に生きるということは、みんなに素直に感謝できることなのかもしれません。
    この言葉、明日からもっと大切にしたい。

    映画って、非日常を描き、楽しむのもありですが、こういった日常を描いた作品が、実は人を元気にさせたり、感動させたりできるんかな~って思えました。
    どこか、「寅さん」のにおいがしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • megu1142

    4
    2014/11/25

    <レビュー確認中>

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • おだちん

    2
    2014/11/8

    申し訳ないけど、予定調和っていう言葉しか浮かんでこなかった。
    主役を義務付けられた役者さんって、つらいと思う。
    最初からそうとしか周りも見ないから、主役しか仕事が回ってこないだろうし。
    主役級が脇を固めるのがまたせつない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告