映画-Movie Walker > 作品を探す > 命て なんぼなん? 泉南アスベスト禍を闘う

2006年5月に始まり、13年冬にも判決を迎える泉南アスベスト国家賠償請求訴訟に密着したドキュメンタリー。映画は2008年7月の原告弁護団活動から追い始め、アスベストによる健康被害の現状もカメラにとらえる。監督・撮影は、「ゆきゆきて、神軍」、「全身小説家」で知られるドキュメンタリー界の鬼才・原一男

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2008年7月、泉南アスベスト訴訟の原告弁護活動からこの映画は始まる。2006年5月に大阪地裁に提訴した第一陣訴訟は、2010年5月28日の判決で、裁判所はアスベスト被害で初めて国の責任を認め、原告らへの賠償を命じる。工場周辺住民に対する国の責任については認めなかったが、原告勝訴の判決だった。国が控訴するか否か、東京で待ち受ける弁護団の緊迫した姿、国の控訴に対する怒りの声もカメラはとらえている。2011年8月25日、大阪高等裁判所は、原告逆転敗訴の判決を下す。原告は自らその言葉で、その本質を糾弾する。逆転敗訴した一陣の控訴審判決の7ヶ月後、2012年3月28日の地裁判決では、経済的発展を理由に労働者の健康を蔑ろにすることは許されないという勝訴判決を勝ち取るが、損害額を3分の1に減額するなどの後退もあった。またこの映画では、アスベストによる健康被害の現状も映し出す。呼吸器官の肺への疾患として苦しみ、酸素吸入器が手放せない患者もいる。酸素吸入器を持ち込めない風呂場で、入浴中にせき込み苦しむ原告の姿は、この作品中の最も印象に残るシーンとなっている。原告団の大阪のおばちゃん、とりわけ泉州のおばちゃんは元気でたくましい。大阪弁の大衆性と親しみやすさは、なごむことができる。秘められた悲しさもうかがえるが、国を相手に戦うしたたかさも持っているのである。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
上映時間 67
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 命て なんぼなん? 泉南アスベスト禍を闘う