METライブビューイング2013-2014 ロッシーニ《ラ・チェネレントラ》|MOVIE WALKER PRESS
MENU

METライブビューイング2013-2014 ロッシーニ《ラ・チェネレントラ》

2014年5月31日公開,204分
  • 上映館を探す

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを映画館で上映するシリーズ。本作では、2014年5月10日に上演される、童話『シンデレラ』を基にしたロッシーニによる喜劇を収録。指揮は、2011年からMET首席指揮者を務めるファビオ・ルイージ。演出は、多くのオペラ演出を手がけているチェーザレ・リエーヴィ。継父や異母姉らから虐げられる中変装した王子に恋をする少女を『ディーヴァ・ディーヴォ』で第54回グラミー賞最優秀クラシック・ヴォーカル・ソロを受賞したスター・メゾのジョイス・ディドナートが、従者に身をやつし花嫁探しをする王子に現代随一のベルカント・テノールと謳われるフアン・ディエゴ・フローレスが扮する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

母を亡くしたアンジェリーナ(ジョイス・ディドナート)は、継父のドン・マニフィコ男爵や異母姉たちに女中のようにこき使われ、チェネレントラ、つまり灰被りと呼ばれ虐げられていた。彼女は乞食アリドーロ(ルカ・ピザローニ)に食べ物を恵むような心優しい少女だった。ある日、結婚相手を探すために従者に扮したドン・ラミーロ王子が男爵家を訪れ、一目で王子とチェネレントラは恋に落ちる。王子に扮した従者ダンディーニ(ピエトロ・スパニョーリ)のパーティの招待を受けるが、ドン・マニフィコは異母姉たちだけをパーティに連れて行く。ダンディーニの正体に気付かないまま媚を売る異母姉たち。家に残されたチェネレントラはアリドーロの助けを得て美しく着飾り、パーティに参加。王子は彼女が置いていった腕輪を手がかりに、チェネレントラを探す……。

作品データ

原題
La Cenerentola - Rossini
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
松竹
上映時間
204分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?