映画-Movie Walker > 作品を探す > 神さまの言うとおり

神さまの言うとおりの画像

何者かが仕掛けた“命を懸けた謎のゲーム”に巻き込まれた高校生たちの姿を描く、人気コミックが原作のサバイバルストーリー。血みどろ描写には定評のある三池崇史が監督を、「半沢直樹」の八津弘幸が脚本を担当。主人公・瞬役の福士蒼汰をはじめ、神木隆之介、染谷将太など、若手実力派が高校生役に扮している。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 51
レビュー 8
投票 43
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 9% (2)
星4つ 68% (15)
星3つ 100% (22)
星2つ 40% (9)
星1つ 13% (3)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

16歳の高校生、高畑瞬(福士蒼汰)は、退屈な日常にうんざりしていた。ところがある日、学校に現れた“ダルマ”が命を懸けたゲームの始まりを告げたことで、彼の運命は一変する。その幕開けとなる“第1のゲーム”は、動くと首が吹っ飛ぶ“ダルマさんが転んだ”。ゲーム終了後、クラスで唯一生き残った瞬は、教室を脱出して幼馴染の秋元いちか(山崎紘菜)と共に体育館へ向かう。生き残った他のクラスの生徒も集まった体育館に、“巨大招き猫”が出現。そこで始まった“第2のゲーム”は、その首輪にあるバスケットゴールにシュートするというものだった。瞬といちかは協力して、招き猫の襲撃をかわしながらゲームに挑む。最終的にシュートを決めたのは、人を殺すことも厭わない狂暴な問題児、天谷武(神木隆之介)だった。同じ頃、世界中で発生しているこのゲームの様子が報道され、世間の人々は生き残った生徒たちを“神の子”と崇め始めていた……。気付くと無機質な部屋にいた瞬は、中学の同級生である高瀬翔子(優希美青)とも再会。“第3のゲーム”として、現れた4体の“コケシ”と一緒に“かごめかごめ”が始まる。知恵を絞って“後ろの正面”を言い当てた瞬は、翔子と共にいちかや天谷たちと合流、次のステージに進むため、7人でチームを結成する……。

見たい映画に
登録した人
85

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 117
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三池崇史
製作 市川南
プロデューサー 石黒裕亮坂美佐子前田茂司
原作 金城宗幸
ART 藤村緋二
脚本 八津弘幸
撮影 北信康
音楽 遠藤浩二
企画プロデュース 白井央
美術 橋本創
編集 山下健治
録音 中村淳
音響効果 柴崎憲治
エグゼクティブプロデューサー 山内章弘
スタント・コーディネーター 辻井啓伺出口正義
キャスティング 杉野剛
助監督 倉橋龍介
照明 渡部嘉
装飾 坂本朗
ライン・プロデューサー 森徹今井朝幸
SFX/VFXスーパーバイザー 太田垣香織
プロダクション統括 佐藤毅
衣裳/スタイリスト 前田勇弥
製作担当 善田真也萩原満
特殊造形 松井祐一三好史洋

キャスト

高畑瞬 福士蒼汰
秋元いちか 山崎紘菜
サタケ 染谷将太
高瀬翔子 優希美青
タクミ 大森南朋
長髪のホームレス リリー・フランキー
天谷武 神木隆之介
ダルマ トミーズ雅
まねき猫 前田敦子
コケシ 肥後克広
コケシ 上島竜兵
コケシ 寺門ジモン
シロクマ 山崎努
マトリョーシカ 水田わさび
マトリョーシカ 小桜エツコ

レビュー

軽い神

投稿者:KI-ki

(投稿日:2014/12/08)

和風なキャラ勢揃い リセットして始めに戻れそうなゲーム …

[続きを読む]

支持者:3人

最後の最後が残念過ぎる

投稿者:煉獄アリス

(投稿日:2014/11/16)

予告は面白そうだったんですが、三池崇監督と言うことで、若干不…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 神さまの言うとおり