映画-Movie Walker > 作品を探す > 黄昏に帰れ

アイリーン・バシング原作の小説を「軍曹さんは暇がない」のマーヴィン・ルロイが監督映画化した心理ドラマ。脚色は原作者と夫のロバート・バシングの共同。撮影を「地獄の拳銃」のジョセフ・バイロック、音楽をジミー・マクヒューが担当している。出演するのは「大いなる西部」のジーン・シモンズ、「マクベス(1948)」のダン・オハーリーロンダ・フレミングエフレム・ジンバリスト・ジュニアスティーブン・ダン等。製作マーヴィン・ルロイ。黒白・スタンダードサイズ。1959年作品。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

シャーロット・ブロン(ジーン・シモンズ)は、1年間を精神病院で過した後、大学教授の夫アーノルド(ダン・オハーリー)の元へ戻った。だが家の空気は1年前と少しも変わっていなかった。ブロン家にはシャーロットの義姉で美人のジョーン(ロンダ・フレミング)と、同じくシャーロットの継母でお節介女のイネス(M・アルバート)という2人の同居人がいた。そこへもう1人同居人が舞いこんだ。夫と同じ大学の哲学科の講師ジェイク(エフレム・ジンバリスト・ジュニア)だ。アーノルドはシャーロットに肉体的な魅力を感ぜず、夫婦関係を断った。シャーロットは夫とマルカム教授のパーティに彼女が出席することでいさかいをした。--5年前、シャーロットは若い金持ちの銀行家ハミルトン(スティーブン・ダン)から求婚されていた。しかし、彼女はアーノルドが好きで、派手好きのジョーンの真似をした。アーノルドの結婚は2年でだめになった。--アーノルドはジョーンとパーティに出席した。アーノルドはシャーロットの愛を拒絶した。シャーロットはイネスとボストンに行き、そこでハミルトンに会った。彼はいまでもシャーロットを愛していた。シャーロットは夫とジョーンの仲を疑ったため、彼はまたもや医師を呼んだ。ジェイクは大学を辞めてニューヨークに行った。彼女は夫に別居を申し出たがだめだった。クリスマスの日、シャーロットはジョーンの扮装をして夫の前に出たため、彼の怒りは遂に爆発した。しかし、彼女は精神科の治療をうけるとともに、はっきりと離婚することに決心した。夫とジョーンは愛し合っていたのだ。そして、イネスとジョーンに家から出てもらうことにした。彼女には狂乱の影はなく固い決意と第2の人生にふみだす明るい希望があった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Home Before Dark
製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 黄昏に帰れ