TOP > 映画作品を探す > 花鳥籠

第一回団鬼六賞優秀作受賞の女流作家・深志美由紀による同名官能小説を映画化。インターネットで知り合った少年と主従関係になった平凡なOLが、羞恥と快楽の世界にハマっていく様子を鮮烈に描き出す。「ダスク 死を呼ぶ女」の森野美咲が体当たりの演技でヒロインを演じる。監督・脚本は、「いぬばか」のヨリコジュン

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

平凡なOL寧子(森野美咲)は、中学生のころに義父に何度も犯され続けたため、そのトラウマからセックスに抵抗を持っている。彼女は、もっぱらインターネットの2ショットチャットで知り合った男たちと、バーチャルなセックスに耽っていた。ある日寧子は、“S”の命令により公園で自らの放尿の現場を、母親を虐待したという少年シュウに目撃される。シュウの言葉に激しい羞恥と快楽を感じた寧子は、出口のない深みに溺れていく……。

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 「花鳥籠」製作委員会
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 ヨリコジュン
製作 藤本款重村博文
企画 太代眞裕
プロデュース 太代眞裕
プロデューサー 山口幸彦
制作協力 沖津康雄
脚本 池田智美
撮影 倉本和人
照明 淡路俊之倉本由彦
録音 飴田秀彦
編集 米田博之
音楽 鈴木ヤスヨシ
協力 松村由貴
原作 深志美由紀
脚色 ヨリコジュン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 花鳥籠