映画-Movie Walker > 作品を探す > パラダイス:神

「ドッグ・デイズ」で第58回ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞を獲得したウルリヒ・ザイドル監督が、ドキュメンタリー的な手法を用いて、理想を求めて一線を超える女性たちを描いた「パラダイス」3部作の2作目。イスラム教徒の夫に失望し、イエス・キリストを理想の男性のように崇めたてまつる女性を描く。敬虔すぎるカトリック教徒の女性を「タイム・オブ・ザ・ウルフ」「ドッグ・デイズ」のマリア・ホーフステッターが、彼女の夫を本作が映画初出演となるナビル・サレーが演じている。ほか、「インポート・エクスポート」のナタリア・バラノワらが出演。第69回ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞受賞作品。第26回(2013年)東京国際映画祭上映作品

3/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

妹テレサがヴァカンスで享楽的に過ごす一方、姉のレントゲン技師アンナ・マリア(マリア・ホーフステッター)は夏休みをイエス・キリストのために捧げていた。讃美歌を歌い、人々の罪を償うために自らの身体に鞭を打ち、聖母マリア像を抱えて移民の多く住む辺りのアパート一軒一軒を訪問し改宗を勧めていた。自宅には祈りの部屋を設け、仲間たちと祈祷会を催すこともあった。イエスとともにあることに喜びを感じるマリア。ある日、イスラム教徒の夫ナビル(ナビル・サレー)が2年ぶりに家に戻ってくる。マリアはナビルを邪険に扱い、イエス・キリストを理想の男性のように崇めたてまつりながら夫へは冷たい態度を取るマリアにナビルは憤慨、二人の間に諍いが起こる……。

見たい映画に
登録した人
13

作品データ

原題 PARADISE: Glaube
製作年 2012年
製作国 オーストリア
配給 ユーロスペース(提供 キングレコード)
上映時間 113
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 ウルリッヒ・ザイドル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > パラダイス:神