映画-Movie Walker > 作品を探す > アゲイン 28年目の甲子園

予告編動画を見る アゲイン 28年目の甲子園の画像

元高校球児たちが憧れの甲子園を目指して白球を追う“マスターズ甲子園”をテーマにした人間ドラマ。とある事件によって甲子園への夢を絶たれた元球児たちが、過去を清算するべく、再び白球を追う姿が父親と子供たちのドラマを交えてつづられる。中井貴一柳葉敏郎らが野球に挑戦し、実際に甲子園球場で撮影が敢行された。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 50
レビュー 16
投票 34
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 72% (16)
星4つ 100% (22)
星3つ 50% (11)
星2つ 4% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

46歳の坂町晴彦(中井貴一)は元高校球児だが白球を追った日々は遠い昔、もはや仕事に張りはなく、離婚した妻が亡くなって以来、一人娘の沙奈美(門脇麦)とも絶縁状態が続いている。そんなある日、坂町を元チームメイトだった松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が昨年の震災で死亡したことを知らされる。美枝は別居していた父親の遺品の中に、坂町や元エースの高橋直之(柳葉敏郎)らチームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年投函せずにいたのか知りたいと思い、そこに書かれた住所を訪ねてきたのだという。元高校球児が再び甲子園を目指す“マスターズ甲子園”のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧めるが、いわゆるサビついたオヤジとなっている坂町は「今さら」と断るのだった。だが、美枝にだけは話したくない本当の理由が別にあった。坂町たちが甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。28年前のある事件によって夢を断たれた坂町は、自らの思いにフタをしたつもりでいた。それは高橋も同じで、甲子園に出てさえいればプロになっていたかも知れないと、リストラで就職活動中の自分の冴えない現状をあの夏のせいにしていた。そんな中、父親の思い出を追い求める美枝と接するうち、坂町は沙奈美と正面から向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで自分自身を騙し続けてきた日々……。“あの夏”に決着をつけなければ前へは進めない、と坂町はマスターズ甲子園への参加を決意、再び人生のグラウンドへ走り出す。そして坂町は、事件のことを知りながらずっと姿を消していた元マネージャー・立原裕子(和久井映見)に一通の手紙を送る。やがて野球部OBたちの前に現れた裕子の口から、彼らが全く知らなかった真実が語られる……。

見たい映画に
登録した人
75

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大森寿美男
製作 白倉伸一郎木下直哉高橋信彦杉澤修一間宮登良松桂田大助小野田丈士太田光代風間健治水口昌彦岡田哲宮田謙一山本晋也鈴木光引地大介石田好一
プロデューサー 天野和人松岡周作野村敏哉
アソシエイト・プロデューサー 大東加佳
原作 重松清
脚本 大森寿美男
撮影 佐光朗
音楽 梁邦彦
主題歌 浜田省吾
美術 小澤秀高渡邉由利
編集 田中慎二
録音 阿部茂
助監督 清水勇気
照明 加瀬弘行
ライン・プロデューサー 榊田茂樹

キャスト

坂町晴彦 中井貴一
戸沢美枝 波瑠
立原裕子 和久井映見
高橋直之 柳葉敏郎
沙奈美 門脇麦
松川典夫 太賀
坂町晴彦(28年前) 工藤阿須加
高橋マキ 久保田紗友
柳田建司 西岡徳馬
山下徹男 村木仁
浜田学
安田顕
高橋夏子 堀内敬子

レビュー

部活が人生の岐路になることは間違いない

投稿者:あちゃぺ

(投稿日:2017/06/06)

学生時代…何かに打ち込んだものが、その後の人生に大きな影響を…

[続きを読む]

支持者:0人

いいけども

投稿者:yas16yas

(投稿日:2015/02/04)

中井貴一の芝居はふぞろいの林檎たちの頃と全く変わらないですね…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アゲイン 28年目の甲子園