映画-Movie Walker > 作品を探す > JAPAN SHORTS「隕石とインポテンツ」

滞空を続ける超巨大隕石の脅威下、EDに悩む夫婦を描く短編映画。監督は佐々木想。出演は筑波竜一野本かりあほか。第66回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門ノミネート作。世界の国際映画祭や国際見本市に向けて日本発「世界志向の短編映画」プロデュースするプロジェクト「JAPAN SHORST」の1本。2013年8月24日より、新宿バルト9ほか全国6か所およびオンラインシネマにて開催された企画上映【KINEZO PREMIERE】にて上映。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2013年、地球に接近した超巨大隕石は不可解な滞空を続けていた。男はもう、何年も妻を抱くことができなかった。自信を失った我々は、再び立ち上がることができるのだろうか。強く、硬く、天に向かって……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 JAPAN SHORST事務局
上映時間 10
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 佐々木想
プロデューサー 鈴木徳至
脚本 佐々木想
撮影 岩永洋
音楽 Open Reel Ensemble
編集 佐々木想
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > JAPAN SHORTS「隕石とインポテンツ」