ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件・・・そして|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件・・・そして

2013年12月7日公開,95分
PG12
  • 上映館を探す

イラク戦争から10年を経て、2004年に発生し、世間から激しいバッシングを受けた“日本人人質事件”の当事者たちの姿を追ったドキュメンタリー。図らずも人質となった高遠菜穂子さん、今井紀明さんの現在の姿を追うことで日本社会の問題点、そして未だ戦火の止むことのないイラク、ファルージャの生々しい現実を捉える。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2004年、イラクへ支援のため行った日本人3人が、日本政府へ自衛隊撤退を要求するための人質として、ファルージャで地元の武装グループに拘束された。日本国内では3人の軽卒な行為が国に迷惑をかけたとして“自己責任”を問われ、同時に事件と関係のない誹謗、中傷も行われた。あれからおよそ10年。高遠菜穂子さんは、事件後のPTSDを乗り越え、再びイラク支援を続けていた。イラクでの先天異常児は戦争以後、今も増え続けているのが実情。また撮影中のファルージャでは、親米的な政府と対立する宗派の抗争も発生していた。そこには、まだ平和とは言い難いイラクの現実があった。一方、人質事件のもう1人の当事者、今井紀明さんは、高遠さんと同じくPTSDに悩まされ、5年もの間、対人恐怖症に苦しんだ。現在は大阪で、不登校や引きこもりなどの若者を支援するNPOの代表をしている。社会から拒否された存在に、昔の自分を見て何かできないかと思ったという。それぞれにとってあの戦争、あの事件が引き起こした問題はまだ片付いていない。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ホームルーム
上映時間
95分

[c]2013 有限会社ホームルーム 一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • えりん

    5
    2016/1/10

    危険地帯に物見遊山で行ったかのように、バッシングされた日本人監禁事件。あの時NHKが、人質に日本に向けてメッセージ(自衛隊を撤退させれば人質を解放する旨)を収録する前に人質たちに「演技指導をしていた可能性」と、繰り返しメッセージ以外の映像を流しているのを見て違和感を感じた。

    わたしたちのよく知らない国でも人は生きて暮らしている。それにしても惹かれて人がそこに向かうことはそんなにもいけないことだろうか。わたしにはどうしてもそうは思えなかった。

    でもそれを言葉にすると、多くの人が顔をしかめて、どれだけ彼らが迷惑だったかをわたしがまるで行ってしまったかのように感情的に叱ってくるのだった。

    わたしたちは何よりもイラクで何が起こっているのか、当時も今も知らない。映画を見ると、ヒジンドウテキナ攻撃をアメリカから受けて傷つくイラクの人々がいた。彼らは本気で「日本は戦争を放棄している」ことを尊敬しているのだった。誰でも傷つき傷つけたくはない。

    ファルージャで子どもたちの救援活動を今も続ける高遠さん。

    まずは知ること。意見はそれからだと、思った。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • アラビア語マンセー

    1
    2014/3/17

    2004年に発生したイラク人質事件で、記者会見の最中に飴をなめたり、聖職者と握手する際にタバコをくわえていたりするなど、極めて非常識な行動をとった人たちをはたから見ていると、ああいう非常識な政治活動家には死んでもなりたくないと思った。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告